みらしん

読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

英会話_アイキャッチ画像

英会話で自分の意見が言えるようになる3つのコツ

投稿日:

英会話で自分の意見が言えるようになりたい方に、読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

英会話で相手の言っていることはなんとなくわかっても、自分の意見がうまく言えないことがあります。

例えば、「What do you think of this idea?」と言われたときに、
「(えーと、良いと思っているんだけど、なんて言うんだろ…)イ、イエス!」
「…(苦笑)」
みたいな英会話をした経験はないでしょうか。

私もかつてはそうでしたが、今ではそれなりに自分の意見を伝えられるようになりました。

そこで今回は、私が英会話のGABAやオンライン英会話で身につけた、英会話で自分の意見が言えるようになるコツを3つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

PC300×250




「I think ~ ,because ~ 」の型を覚える

1つ目のコツは、「I think ~ (結論), because ~ (理由)」の型を覚えることです。

この型を覚えれば、大抵の意見は言えるようになります。

例えば、相手が何かの企画を相談してきて「What do you think of this idea?」と言ってきた場合、
「I think that's a good idea, because that's very interesting!  (良いアイデアだと思うよ。だって、すごく面白いじゃん!)」
と自分の意見を伝えることができます。

もし、納得できない場合は、
「I don't think that's a good idea, because that's too expensive! (良いアイデアだと思わないな。だって、すごく割高じゃん!)」
と言うこともできます。

他にも、漠然となんか良いアイデアある?と言われたときに、
「I think writing blogs is best, because it's very interesting!(ブログを書くのが1番良いと思うよ。だってすごく面白いじゃん!)」
と自分の意見を伝えることもできます。

中1で習う「think」と「because」だけですが、しっかり相手に伝わります。

簡単なので、ぜひ使ってみてください!

Well…と言って、考えてから話す

2つ目のコツは、相手から意見を求められたときに、「Well…(そうですね…)」と言って、考えをまとめてから話すことです。

このコツを覚えることで、「(やばいなんか言わなきゃ…とりあえず…)I think…good? いや bad…あー」みたいな見切り発車をなくすことができます。

具体的には、先程の「think ~(結論)」と「because~(理由)」をイメージできた段階で話しはじめます。

少し長めに時間がほしいときは、「let me think(ちょっと考える時間ちょうだい)」や「let me see(ちょっと考える時間ちょうだい)」と言ってみても良いかもしれません。

簡単な英語ですが、結構役立ちます。

ぜひ使ってみてください!

シンプルにはっきり話す

3つ目のコツは、シンプルにはっきり話すことです。

理由は英会話力が未熟な人が、長々とボソボソ話しても、相手に伝わりにくいからです。

例えば、「That makes me feel interested(それは面白く感じだわ)」をボソボソ言うよりも、「That's interesting(それは面白いね)」とハッキリ言ったほうが伝わりやすいです。

シンプルに話すコツは、「英語は3語で伝わります」にも書いてあります。

なかなかシンプルな英語が出てこない方は、一度読んでみることをオススメします。

ぜひシンプルな表現で、自分の意見を伝えてみてください。

以上、英会話で自分の意見が言えるようになるコツでした。

え?足りなくない?と思うかもしれませんが、この3つは最低限のコツだと思ってください。

この3つが自然とできるようになれば、違った表現で話してみよう、もう少し長めに話してみよう、など発展していくはずです。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

#こちらのブログもオススメです!
英会話のGABAに通ったので、内容・料金・効果などについて書くよ
実体験からオンライン英会話4社を料金・講師・レッスン内容で比較したよ

PC300×250




PC300×250




-TOEIC・英語
-

Copyright© みらしん , 2021 All Rights Reserved.