読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

WordPressデータベースのバックアップ方法

   


データベースのバックアップ方法_導入画像

WordPressデータベースのバックアップ方法を知りたい方に、読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

WordPressのWebサイトは、ファイルとデータベースで作られていますが、どちらもバックアップを定期的にやっておいたほうが良いです。

そこで、今回のブログでは、WordPressデータベースのバックアップ方法について紹介していきます。

※ファイルのバックアップ方法は、以下のブログを参考にしてください。

【参考】WordPressファイルの手動バックアップ方法(FileZillaの使い方)

【参考】WordPressファイルの自動バックアップ方法(torocca!の使い方)

スポンサーリンク

データベースのバックアップ方法

まず、契約しているサーバーの管理画面より、「phpMyAdmin」にログインします。

データベースのバックアップ方法_画像1

もし、ログインするときに求められるユーザー名、パスワードがわからないときは、サーバーにある「wp-config.php」ファイルを開くと、ユーザー名もパスワードも書いてあります。

phpMyAdminにログインしたら、ユーザー名と同じデータベース名を選択します。

データベースのバックアップ方法_画像2

「すべてチェックする」にチェックします。

データベースのバックアップ方法_画像3

これでデータベースにあるすべてのテーブルを選択できました。

「チェックしたものを:」を選択すると、選択肢が表示されるので、「エクスポート」を選択します。

データベースのバックアップ方法_画像4

あとは「実行」を選択するだけです。

データベースのバックアップ方法_画像5

データベースをダウンロードすることができました。

データベースのバックアップ方法_画像6

これだけの作業で、WordPressのデータベースをバックアップすることができます。

データベースは自動でバックアップできるのか?

WordPressのファイルは、【torocca!】のようなサービスを使うことで、自動でバックアップをとることができました。

データベースについても、toroccaのようなサービスに、自動バックアップ機能はついています。

ただ、WordPressで使用するphpMyAdminが、外部サーバーからの接続を受け付けないため、実質的には自動バックアップができない状態になると思います。

phpMyAdminにあるデータベースの情報を書き換えればできるようですが、セキュリティに不安があるため、私はやっていません。

興味がある方は、phpMyAdminを外部サーバーからアクセスする方法をググってみてください。

また、「BackWPUp」のようなWordPressのプラグインでも、自動バックアップができるようです。

【参考】BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

以上、WordPressデータベースのバックアップ方法でした。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

 - ブログ運営