読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

WordPressファイルの手動バックアップ方法(FileZillaの使い方)

      2017/07/29


FileZillaの使い方_記事用導入画像

WordPressのファイルをバックアップしたい方に読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

WordPressのWebサイトは、ファイルとデータベースで作られていますが、どちらもバックアップを定期的にやっておくべきです。

今回は、ファイルのバックアップについて、「FileZilla」というフリーソフトを使って、手動でバックアップをする方法を紹介していきます。

※ファイルの自動バックアップ方法は、以下のブログを参考に。
【参考】WordPressファイルの自動バックアップ方法(torocca!の使い方)

※データベースのバックアップ方法は、以下のブログを参考に。
【参考】WordPressデータベースのバックアップ方法

スポンサーリンク

ファイルのバックアップができるFileZillaの使い方

まず、FileZillaをダウンロードします。

FileZilla – ダウンロードパッケージ一覧

FileZillaの使い方_画像1

ダウンロードするときに、ダウンロードのファイルがたくさんあって混乱しますが、パソコンのOSを確認して、自身のOSにあったファイルをダウンロードします。

FileZillaの使い方_画像2

また、FileZillaを使う前に、バックアップファイルを保存するためのフォルダを作っておきましょう。

FileZillaの使い方_画像3

FileZillaを開きましょう。

FileZillaの使い方_画像4

左側の「ローカルサイト」に表示されているファイルが、パソコンに入っているファイルになります。

FileZillaの使い方_画像5

右側の「リモートサイト」には何も表示されていませんが、サーバーと接続することによって、WordPressのファイルを表示していきます。

「ファイル」→「サイトマネージャ」と選択します。

FileZillaの使い方_画像6

「新しいサイト」を選択して、適当に名前つけます。

FileZillaの使い方_画像7

FileZillaの使い方_画像8

右側の情報を埋めていきます。

FileZillaの使い方_画像9

・ホスト
契約しているサーバーの登録メールなどに記載

・プロトコル
「FTP – ファイル転送プロトコル」を選択

・暗号化
「明示的なFTP over TLSが必要」を選択

・ログインの種類
「通常」を選択

・ユーザー
契約しているサーバーの登録メールなどに記載

・パスワード
契約しているサーバーの登録メールなどに記載

情報を埋めたら、「接続」を選択します。

右側の「リモートサイト」にWordPressのファイルが表示されました。

FileZillaの使い方_画像10

これから、右側の「リモートサイト」から左側の「ローカルサイト」に、バックアップしたいファイルをコピーすることで、ファイルのバックアップをおこなっていきます。

FileZillaの使い方_画像11

バックアップ前に、途中でエラーになるのを防ぐため、以下の設定をオススメします。

①FileZillaのタイムアウト設定

「FileZilla」→「設定」を選択

FileZillaの使い方_画像12

「接続」のタイムアウト(秒)を「300」を入力
※もっと長くても問題ないです。

FileZillaの使い方_画像13

これで、短時間にデータが受信できず、エラーになることを防げます。

②パソコンのスクリーンセーバーを解除

ファイルのバックアップ中に、スクリーンセーバーが起動してしまうと、バックアップが中断しまう可能性があります。

バックアップをスムーズにおこなうために、自身のパソコンの設定で、スクリーンセーバーを解除しておきましょう。

エラーを防ぐ設定ができたら、「ローカルサイト」にバックアップファイルを保存するフォルダを開きます。

FileZillaの使い方_画像14

パソコンの環境によって異なりますが、私の場合、「Users」→「ユーザーネームのフォルダ」→「Desktop」と辿っていくと、対象のフォルダが見つかりました。

次に、「リモートサイト」にバックアップしたいファイルが入っているフォルダを開いておきます。

FileZillaの使い方_画像15

サーバーの環境によって異なりますが、私の場合、「mirasin.com」→「public_html」と辿っていくと、WordPressのファイルが入っていました。
(なので、「public_html」のフォルダを開いておきます。)

ここまで出来たら、「リモートサイト」のファイルを選択して、「ローカルサイト」にドラックしていきます。

FileZillaの使い方_画像16

いっきにコピーをするとエラーが起こりやすいので、フォルダやファイル単位で、少しずつコピーするのをオススメします。

全部のファイルがコピーできたら、バックアップの完了です。

FileZillaの使い方_画像17

フォルダの中身、ファイルの容量を「ローカルサイト」と「リモートサイト」で照らし合わせて、一緒になっていれば成功です。
(ファイルの容量は、多少異なっていても問題ないようです。)

もし、ファイルのバックアップ中にエラーが出てしまったときは、ファイルの上書きや削除で対応してください。

ファイルを削除する方法は、Windowsの方はファイルを選択して右クリック、Macの方は「control」を押したままファイルを選択すると、削除の項目が表示されます。

FileZillaの使い方_画像18

以上が、WordPressのファイルを手動でバックアップする方法(FileZillaの使い方)です。

ちなみに、ファイルをアップロードしたいときは、バックアップと逆に、「ローカルサイト」から「リモートサイト」にファイルをコピーすれば実行できます。

お付き合い頂き、ありがとうございました!

#もし、このブログで解決しない場合、以下のブログも参考にどうぞ。

【参考】WordPressをバックアップ!FileZilla(フィルジラ)の基本設定方法からバックアップ方法

 - ブログ運営