読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

恐怖!意外と知らない抜歯の怖い話

   


抜歯の怖い話_導入画像

抜歯を甘くみている方に読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

今まで「歯が痛くなったら歯医者で治そう」くらいに考えていましたが、虫歯の治療が原因で入院、全身麻酔の手術、危うく抜歯寸前までいきました。

そのとき初めて抜歯について調べたのですが、調べれば調べるほど恐怖しかなかったので、今回ブログに書きたいと思います。

※親知らずの抜歯のように、抜歯後に歯の代わりを用意しない抜歯ではなく、歯の代わりを用意する抜歯について書いています。

※医療従事者ではないため、参考までに読んでください。

スポンサーリンク

抜歯が決まったときの恐怖の選択肢

抜歯が決まったときの選択肢は、大きく3つあります。

1つ目はブリッジ。

ブリッジとは、抜けた歯の両端にある健康な歯を土台にして、橋をかけるように被せ物をする処置です。

ブリッジは保険が適用になることが多く、比較的安く処置ができるようです。

2つ目はインプラント。

抜歯した箇所に、人工的な歯を入れる処置です。

見た目が自然な歯に近く、寿命も長いようです。

3つ目は入れ歯。

お年寄りなどが付けているあれです。

一般的な入れ歯は保険適用になり、比較的安く用意することができます。

そして、ここからが怖い話です。

ブリッジの恐怖

ブリッジにするには、抜けた歯の両端にある健康な歯を土台にするために、健康な歯をかなり削ります。

1本を抜歯したにも関わらず、両端にある健康な歯を最低2本、これでもかってくらい削ります。

しかも、ブリッジは平気7〜10年くらいの寿命と言われており、もし土台の歯が弱くなってしまうと、もうブリッジはできなくなってしまいます。

ブリッジができなくなると、さらに恐ろしいインプラントと入れ歯の2択になります。

インプラントの恐怖

インプラントは保険がきかず、とにかく高いです。

高いって…1万?2万?

いえ、1本30万〜50万くらいかかるようです。

よく「インプラント5万〜」みたいは広告がありますが、普通に治療をおこっていくと、どこも30万くらいはかかってしまうようです。

しかも、必ずしも使い続けられるわけではないので、もし壊れてしまうとさらにお金が…怖いですね。

入れ歯の恐怖

ブリッジができない、インプラントのお金がない、最後の手段は入れ歯です。

入れ歯といっても、1本の抜歯であれば、1本の部分入れ歯です。

保険適用の部分入れ歯だと、金属で固定するので、笑ったときに金属が見えてしまいます。

金属が目立たない入れ歯は保険適用外で、インプラントに近い値段になってしまいます。

あと、入れ歯は毎日外してお手入れが必要です

歯の見た目も悪くなり、毎日手入れが必要なんて恐ろしいですね。

また、入れ歯の平均寿命は4〜5年らしく、その度に作り変える必要があるようです。

抜歯をしないために

抜歯後の選択肢を3つ紹介しましたが、どれも恐怖ですね。

抜歯をしないためには、虫歯や歯周病予防を徹底的にやってください。

毎日の習慣として、歯磨きだけでなく、糸ようじも使ったほうが、予防になるようです。

そして、歯が悪くなくても歯医者に行って、定期的に歯のクリーニングをしてもらってください。

もし、虫歯や歯周病の疑いがあれば、今すぐ歯医者に行ってください。

私はあと少し遅れていたら、間違いなく抜歯になっていました。

また、歯医者によっては、抜歯をする必要がないのに、すぐに抜歯をしたがる人がもいるようです。

掛かりつけの歯医者が不安なときは、別の歯医者の意見も聞いたほうが良いと思います。

抜歯の怖い話は以上です。

本当に恐怖しかないので、このブログを見た方は、早期に予防や治療をしてください。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

 - 体験談