読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

英会話ではなく、まずTOEICの勉強をはじめた3つの理由

   


TOEICを勉強する理由_記事導入画像

これから英語の勉強をはじめようと考えている方に、読んでほしい記事です。

だいたい多くの方が、英語を話せるようになりたい!という理由から、英語の勉強をはじめていると思います。

私もそうでした。

ただ、人によっては、TOEICの勉強をしても英語を話せるようにはならない!という理由で、TOEICの勉強をやらない方もいると思います。

私も数年前まで、そう考えていました。

そんな私が、英会話ではなく、まずTOEICの勉強をはじめた3つの理由を紹介したいと思います。

【過去記事】TOEIC800点突破!スコアを上げた勉強法と試験中に意識したこと

スポンサーリンク

客観的に英語力を証明できる

TOEICの勉強をはじめた1つ目の理由は、TOEICは客観的に英語力を証明できるからです。

英語を話せるようになっても、履歴書に書くのはTOEICの点数、英語力で問われるのもTOEICの点数だったりして、日本では英語力をTOEICで評価される傾向にあります。

こんな社会なので、まずはTOEICで高得点をとり、客観的に英語力を証明できるようになってから、英会話の勉強にシフトしようと思いました。

結果的に、今ではTOEICで800点以上取れるようになり、客観的に英語力も評価されて、英語の自信もついてきました。

英語力の成長が実感しやすい

TOEICの勉強をはじめた2つ目の理由は、TOEICは英語力の成長が実感しやすいからです。

TOEICの勉強をはじめる前、オンライン英会話を使って英会話の勉強をしていたのですが、英会話だと英語力の成長を実感するのが難しく、だんだん勉強を続けるモチベーションが落ちてきて、ついには勉強をやめてしまいました。

一方でTOEICの場合、勉強をすればするほどTOEICの点数が上がっていったので、英語力の成長を実感し、勉強を楽しく続けていくことができました。

英語力の成長を糧として、TOEICで800点以上が取れるまで勉強を続けることができたので、そのまま英会話の勉強にシフトすることもできました。

英語の基礎力が身につく

TOEICの勉強をはじめた3つの目の理由は、TOEICは英語の基礎力が身につくからです。

TOEICの勉強で英会話ができるようになるとは、最初から思っていませんでした。

なぜなら、TOEICと英会話では必要なスキルが違うからです。

TOEICは、きれいな英語を聴きとるスキル、高速の読解スキルが必要になります。

一方、英会話は、くだけた英語を聴きとるスキル、自分の考えを伝えられるスキルが必要になります。

それでも、TOEICの勉強をやっていれば、基礎的なリスニングやリーディングスキルは身につくだろうとやり続けた結果、英語の資料や英字新聞なども、読み進められるようになりました。

また、TOEICの勉強で鍛えたリスニングスキルや語彙力は、英会話でも役立つ基礎力になっていると感じています。

以上、私が英会話ではなく、まずTOEICの勉強をはじめた3つの理由になります。

これから英語の勉強をはじめようと考えている方は、まずTOEICの点数を上げることを短期的な目標として、英語の勉強をはじめてみることをオススメします。

TOEICで納得のいく点数をとってから、英会話の勉強をはじめてみること、結構良いと思いますよ。

お付き合い頂き、ありがとうございました!

 - TOEIC