読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

ホタルも観れる!横浜の三渓園は絶好の観光スポット

      2017/05/31


横浜の三渓園_画像7_2

横浜の観光スポットを探している方、ホタルが観れる場所を探している方に、読んでほしい記事です。

横浜の観光といえば、赤レンガ倉庫や中華街が有名ですが、私はホタルも観ることができる「三渓園」がとても好きです。

今回は、三渓園で5月末から6月頭にかけて開催されるホタルの鑑賞会「蛍の夕べ」に参加してきたので、皆さんに紹介したいと思います。

スポンサーリンク

三渓園って何?ホタルはいつ観れる?

三渓園は横浜の南西にある大きな庭園です。

みなとみらい線の元町・中華街駅からバスで15分くらい離れた場所にあり、なかなか観光で行きづらい場所にあります。

三渓園 – 交通案内

三渓園の開園時間は、通常9時〜17時、今回のようにイベントがあると変わることもあります。
※今回は21時までやっていました。

三渓園 – ご利用案内

ホタルが観れる時期は、ホタルの鑑賞会「蛍の夕べ」が開催される5月末から6月頭のみです。

三渓園 – 蛍の夕べ

「蛍の夕べ」以外にも、季節ごとに催物を開催しており、春に開催される「桜の夕べ」も人気のイベントになっています。

三渓園 – 催物のご案内

三渓園に行ってみる

ここからは、実際に三渓園に行くところを書いていきます。

私は電車とバスで行ったので、まずはみなとみらい線の元町・中華街駅で降ります。

横浜の三渓園_画像1

元町・中華街駅の4番出口に降りました。

駅から降りてすぐの場所に、山下町のバス停があります。

横浜の三渓園_画像2

ここで「8系統 本牧車庫前行き」のバスに乗ります。

ホタルがよく観える19時30分より、全然早い18時に乗ったものの、すでにバスはぎゅうぎゅうでした。

15分くらいで、三渓園入口のバス停に着きました。

横浜の三渓園_画像3

バス停から5分くらい歩くと、三渓園に着きます。

横浜の三渓園_画像4

三渓園に入る

入場料を発売機で買います。
大人は500円でした。

横浜の三渓園_画像5

三渓園に入ると、大きな庭園が現れます。

横浜の三渓園_画像6_1

池の上に舟が浮いており、風情があります。

横浜の三渓園_画像7_2

庭園を進んでいくと、屋敷があったり。

横浜の三渓園_画像8

植物が茂っていたり。

横浜の三渓園_画像9

鯉もたくさん。

横浜の三渓園_画像10

売店もあります。

横浜の三渓園_画像11

横浜の三渓園_画像12

ホタルの鑑賞会場はこっちらしい。

横浜の三渓園_画像13

自然のなかを歩いていく。

横浜の三渓園_画像14

途中、階段が。

横浜の三渓園_画像15

登っていくと。

横浜の三渓園_画像16

庭園が見渡せるスポットに。

横浜の三渓園_画像17

こんな建物も。

横浜の三渓園_画像18

さらに登っていくと。

横浜の三渓園_画像19

港の工業地帯が一望できる場所に。

横浜の三渓園_画像20

横浜の三渓園_画像21

景色に満足したあと、階段を降りて再びホタルの鑑賞会場に。

小川が見えてきた。

横浜の三渓園_画像22

このあたりもホタルが観えるようなので、ホタルの会場っぽい。

横浜の三渓園_画像23

奥の方にいくと、たくさんの人が。

横浜の三渓園_画像24

このあたりがメイン会場らしい。

まだ時間があったので散歩をしてみると、趣のある建物が。

横浜の三渓園_画像25

そして、屋内でもホタルを観察できる本堂が。

横浜の三渓園_画像26

カメラが禁止だったので写真はないですが、ホタルが虫籠のなかに入っていました。

ただ、光らなかった…。

不安を感じながら、再びホタルの観賞会場に戻りました。

いよいよホタルの時間

再びホタルの観賞会場に戻ると、人で溢れていました。

横浜の三渓園_画像27

このときは18時45分。

このあたりに陣取って、ホタルが光るのを待ちます。

横浜の三渓園_画像28

横浜の三渓園_画像29

暗くなってきて、ひんやりと冷え込み、半袖半ズボンだとちょっと寒かったです。

そして、残念だったのが、ホタルは光を嫌うらしく、スマホやカメラを使ってはいけないというアナウンス…。

フラッシュを焚かなくても、カメラ自体が禁止らしいです…。

なので、ここからは写真を加工してお送りします。

19時を過ぎて、少し暗くなってきたとき、目の前にある草のなかから、エメラルドの光が一瞬見えました。

※加工済み
横浜の三渓園_画像30

見間違いかな…と思っていると、周囲のざわめきとともに、また光りました。

※加工済み
横浜の三渓園_画像31

そして、あたりが暗くなるにつれて、ホタルの光も増えていき、あたり一面にエメラルドの光が飛び交いました。

※加工済み
横浜の三渓園_画像32

※加工済み
横浜の三渓園_画像33

クリスマスのイルミネーションのように、草木を灯すホタルの光はとても幻想的で、本当に来てよかったと感動しました。

しばらくホタルを観ていると、帰路に向けて歩き出すようにアナウンスがあり、渋々と歩き出しました…。

ホタルの光を横目に、帰路に向けた道を歩いていると、いい感じのお店を発見。

横浜の三渓園_画像34

お腹が減っていたので、三渓園の名物(?)の三渓麺というのを食べました。

横浜の三渓園_画像35

お腹もいっぱいになって会場を後にすると、遠くからホタルの光がまだ見えていたので、ここだけは加工じゃない写真を貼っておきます。

横浜の三渓園_画像36

その後、光り輝く建物や静かな庭園を眺めながら、三渓園を後にしました。

横浜の三渓園_画像37

たった500円で幻想的な体験ができる三渓園。
横浜の観光スポットとして、行ってみたくなりましたか?

横浜の中華街からそんなに離れていない場所にあるので、ぜひ観光に行ってみてください!

本記事は、以上になります。
お付き合い頂き、ありがとうございました!

 - 体験談