読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

個人ブログで実感!ロリポップとエックスサーバーのメリット・デメリット

   


ロリポップ・エックスサーバーのメリット・デメリット_導入画像

ロリポップとエックスサーバーで迷っている方に、読んでほしい記事です。

個人ブログのサーバーとして、よく使われているのが、ロリポップとエックスサーバーです。

ロリポップ!

エックスサーバー

私も個人ブログの開設時はロリポップ、現在はエックスサーバーを使っています。

本記事では、ロリポップとエックスサーバーの両方を使ってみて実感した、メリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ロリポップのメリット

まずはロリポップのメリットから紹介します。

格安の料金プランがある

個人ブログでも利用できるロリポップのライトプランなら、月額250円(税抜)からサーバーを利用できます。

ロリポップ – ご利用料金

一方、エックスサーバーだと1番安いプランを長期契約しても、月額900円(税抜)からの利用になってしまいます。

この格安の料金プランがロリポップの最大のメリットです。

データのバックアップと復旧が簡単

ウェブサイトのデータのバックアップは、通常はファイル転送ソフトを使って、自分で定期的にやらなければなりません。

時間もかかるし、たまにエラーが出たりして、すごくイライラすることもあります。

その点、ロリポップは月額300円(税抜)かかってしまいますが、決まった時間に、自動的にデータをバックアップしてくれるオプションがあります。

ロリポップ – バックアップオプションについて

何か起きても、データを速攻で復旧してくれます。

エックスサーバーにはない、ロリポップのメリットです。

初心者に優しいサイトデザイン

ロリポップはひとつひとつの説明が詳しく書いてあり、サーバーのことがまったくわからない初心者でも、よく理解できるようなサイトデザインになっています。

一方で、エックスサーバーは全体的にシンプルなデザインになっていて、ロリポップよりも説明が少なく、また、専門的な説明が多い印象です。

運営会社が安心

ロリポップはGMOグループのGMOペパポ株式会社が運営しています。

GMOグループは上場企業、年商1000億以上の巨大グループであり、突然会社が潰れてロリポップが使えなくなることは、ほぼないと思います。

一方、エックスサーバーを運営するエックスサーバー株式会社は上場もしておらず、財務状況もわからないので、突然会社が潰れてサーバーも使えなくなることが、起きるかもしれません・・・。

実際ほとんどないと思いますが、ロリポップよりも可能性があるくらいに思っていてください。

ここまでが、ロリポップを使ってみて感じたメリットです。

ロリポップのデメリット

続いて、ロリポップのデメリットについてです。

ウェブサイトの表示速度が遅い

ロリポップはエックスサーバーに比べると、ウェブサイトの表示速度が遅かったです。

ウェブサイトの表示速度を測るPageSpeed Insightsでは、そんなにロリポップとエックスサーバーで表示速度の違いはなかったのですが、体感速度は全然違いました。

他の人の評価は聞いても、ロリポップの表示速度をデメリットとしてあげる人が多い印象です。

独自SSL(https対応)を申し込むと割高になる

Googleが推奨している独自SSL(https対応)ですが、ロリポップで申し込むと、長期契約でも月額1500円(税抜)かかってしまいます。

ロリポップ – 独自SSL

一方でエックスサーバーは無料です。

ウェブサイトを独自SSL化したい方には、料金が割高になってしまい、大きなデメリットになります。

私がサーバーをロリポップからエックスサーバーに変更した決め手はこれでした。

ここまでが、ロリポップを使ってみて感じたデメリットです。

ロリポップはこんなブログにオススメ

これまでロリポップのメリット・デメリットを書いてきましたが、それらを踏まえてロリポップは、初めてブログをやってみる方にオススメします。

ロリポップは月額250円(税抜)で始めることができて、マニュアルも丁寧でわかりやすいので、初めてブログをやる人に、とても優しいサーバーだと思います。

エックスサーバーのメリット

次に、エックスサーバーのメリットを紹介していきます。

ウェブサイトの表示速度が速い

ロリポップのデメリットに書いたことの逆ですが、エックスサーバーはウェブサイトの表示速度が速いのがメリットです。

噂には聞いていたのですが、実際にロリポップからエックスサーバーに変えたときに、すごく実感しました。

独自SSL(https対応)が無料

こちらもロリポップのデメリットに書いたことの逆ですが、ロリポップで最低月額1500円(税抜)かかる独自SSLが、エックスサーバーなら無料です。

エックスサーバー – 独自SSL

独自SSLを検討している方には、大きなメリットです。

キャンペーン期間によっては独自ドメインが無料

エックスサーバーを契約していると、キャンペーン期間によっては、通常有料の独自ドメインが無料で使えます。

エックスサーバー – キャンペーンドメイン

ドメインの更新料金も無料のようです。

私は昔からお名前.comでドメイン契約をしていますが、お名前.comだと「.com」ドメインは初年度699円(税抜)、2年目以降は年間1280円(税抜)かかっていきます。

少しでも節約したい方には、有難いメリットですね。

ここまでが、エックスサーバーを使って感じたメリットになります。

エックスサーバーのデメリット

続いては、エックスサーバーのデメリットになります。

料金がそこそこ高いプランからしかない

ロリポップのメリットにも書いたことですが、エックスサーバーだと1番安いプランを長期契約しても、月額900円(税抜)かかってしまいます。

エックスサーバー – 料金

ロリポップの最低月額250円(税抜)に比べると、料金が割高になってしまうのが、エックスサーバーのデメリットです。

データのバックアップや復旧がめんどくさい

エックスサーバーには、ロリポップのようにボタンひとつで、データのバックアップや復旧ができるオプションがないので、自力で面倒な作業をやる必要があります。

ウェブサイトのデータを定期的に自動でバックアップをとりたい方には、デメリットになると思います。

ただ、エックスサーバーでも、もしものときはデータを復旧できる自動バックアップ機能というものがあり、1回1万円などでデータの復旧ができるようです。

エックスサーバー – 自動バックアップ機能

ここまでが、エックスサーバーを使って感じたデメリットになります。

エックスサーバーはこんなブログにオススメ

これまで、エックスサーバーのメリット・デメリットを書いてきましたが、それらを踏まえてエックスサーバーは、ある程度収益が出るまで育ってきたブログにオススメです。

もし、最初から毎月1000円近くの費用を払い続ける覚悟があれば、エックスサーバーでブログを始めてみても良いと思います。

ロリポップとエックスサーバーのメリット・デメリットまとめ

最後にロリポップとエックスサーバーを使ってみて実感した、メリット・デメリットをまとめておきます。

ロリポップのメリット

・格安の料金プランがある
・データのバックアップと復旧が簡単
・初心者に優しいサイトデザイン
・運営会社が安心

ロリポップのデメリット

・ウェブサイトの表示速度が遅い
・独自SSL(https対応)を申し込むと割高になる



エックスサーバーのメリット

・ウェブサイトの表示速度が速い
・独自SSL(https対応)が無料
・キャンペーン期間によっては独自ドメインが無料

エックスサーバーのデメリット

・料金がそこそこ高いプランからしかない
・データのバックアップや復旧がめんどくさい



本記事は以上です。

もし、ロリポップからエックスサーバーにサーバーを移転したい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

ロリポップからエックスサーバーに移転する手順まとめ

お付き合い頂き、ありがとうございました!

 - ブログ運営