読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

STINGER アドセンスの関連コンテンツを導入する方法と効果を紹介

   


アドセンス関連コンテンツ_導入画像

WordPressのSTINGERテーマで、アドセンスの関連コンテンツを導入したい方に、読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

グーグルさんがPVも収益も上がりますよ?と推奨しているアドセンスの関連コンテンツが、私のブログでも導入できるようになったので、ついに導入してみました!

PC
アドセンス関連コンテンツ画像1_3

モバイル
アドセンス関連コンテンツ画像2

導入はすごく簡単でしたが、STINGERテーマで導入を検討している方や効果が気になる方に向けて、関連コンテンツの導入方法や効果を紹介していきたいと思います。

ちなみに、私のブログはSTINGER5です。
STINGERの別バージョンでもコードの構成は似ていると思いますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連コンテンツを導入する方法

ここから、関連コンテンツを導入する方法を紹介します。

アドセンスの管理画面を開いたら、左上にある三本線をクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像3

メニューが開くので、「広告の設定」をクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像3_2

広告の設定にある「広告ユニット」をクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像4

広告ユニットにある「新しい広告ユニット」をクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像5

作成する広告の種類が表示されるので、関連コンテンツの「選択」をクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像6

関連コンテンツの作成画面が表示されるので、暗くなっている画面のどこかをクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像7

画面が明るくなりました。ここで関連コンテンツの設定をしていきます。

アドセンス関連コンテンツ画像8

広告ユニット名を入力します。

アドセンス関連コンテンツ画像9

広告ユニット名は後からでも変更できます。

広告オプションはデフォルトのまま、「広告で収益化」をオンにしておきます。
(オフにすると広告が出ません。)

アドセンス関連コンテンツ画像10

スタイルで「フォント」「URL」「背景」を設定します。
特にこだわりがなければ、デフォルトのままにしておきましょう。

アドセンス関連コンテンツ画像11

サイズは広告サイズに指定がなければ、デフォルトの「レスポンシブ」を設定しましょう。

アドセンス関連コンテンツ画像12

関連コンテンツの設定はこれだけです。
問題なければ「保存してコードを取得」をクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像13

貼り付けるコードが表示されるので、ここからWordPressの編集作業に移ります。

アドセンス関連コンテンツ画像14

WordPressの管理画面を開いたら、「外観」にある「テーマの編集」をクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像15

「個別投稿(single.php)」をクリックします。

アドセンス関連コンテンツ画像16

STINGERテーマには、デフォルトでも関連記事をおすすめするモジュールが表示されますが、その部分のコードがここに書かれています。

個別投稿(single.php)にあるコードから以下のコードを探します。
(「関連記事」という文言近く)

アドセンス関連コンテンツ画像17

このコードがデフォルトの関連記事モジュールに値するので、この1行のコードを消して、アドセンスの管理画面に表示された関連コンテンツのコードを貼り付けます。

アドセンス関連コンテンツ画像18

貼り付ける前に、貼り付け場所を間違えたり、元の仕様に戻すときのために、元のコードはコピーして残しておくことをオススメします。

WordPressのファイルを更新したら、アドセンスの管理画面に戻り、「作業完了」をクリックしましょう。

アドセンス関連コンテンツ画像18_2

「広告ユニット」の画面に戻り、関連コンテンツのステータスが「アクティブ」になっていれば設定完了です。

アドセンス関連コンテンツ画像18_3

関連コンテンツの設定が完了しても、広告が表示されるまで、少し時間がかかります。

その間にページを見ると、何も表示されません。

PC
アドセンス関連コンテンツ画像19_2

モバイル
アドセンス関連コンテンツ画像20

私の場合、広告が表示されるまで2時間くらいかかりました。

何も表示されないスペースが気になる方は、訪問者が少ない深夜などに作業をしたほうが良いと思います。

無事、表示されました。

PC
アドセンス関連コンテンツ画像1_3

モバイル
アドセンス関連コンテンツ画像22

関連コンテンツの効果

次に、関連コンテンツの効果を紹介していきたいと思います。

アドセンスの表示回数・クリック数は上がった

アドセンスの枠が増えたことから、アドセンス全体の表示回数・クリック数ともに上がりました。

アドセンスのクリック率も上がった

アドセンス全体のクリック率が、導入前と比較して1.5倍くらいに上がりました。

たまに低いときもありますが、全体的に上がってきています。

アドセンスのクリック単価は下がった

関連コンテンツは対応している広告主が少ないのか、質の悪いクリックが多いのかわかりませんが、クリック単価が低い傾向にあります。

その結果、アドセンス全体のクリック単価は若干下がりました。

ブログのPVはほとんど変わらない

ブログのPVはほとんど変わりませんでした。

今のところ、関連コンテンツの導入で、サイトの回遊率が大きく上がっている感じではありません。

効果はこんな感じでしたが、結果的にブログの収益を少し増やすことができました。

今後、関連コンテンツの精度が良くなってきたり、クリック単価が上がることによって、さらに収益が増えていくことを期待しています。

以上、STINGERテーマで、アドセンスの関連コンテンツを設定する方法と効果の紹介でした。

最近、関連コンテンツを導入するブログが増えていますが、どのブロガーも収益が増やしているのでは?と思っています。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

 - ブログ運営