読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

iPhoneを電車で紛失してから、見つかるまでにやった探し方

      2018/05/05


紛失したiPhoneの探し方_導入画像

iPhoneを電車で紛失してしまった方に、読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

先日、電車で寝ていたら、ポケットからiPhoneが落ちてしまったようで、そのまま紛失してしまいました。

そのあと、考えられるすべての方法でiPhoneを探したところ、当日中に見つけることができたので、今回はそのときにやった探し方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

紛失したiPhoneに電話

まず、偶然にも2台目のiPhoneを持っていたので、紛失したiPhoneに電話しました。

誰か電話に出てくれれば良かったのですが、結局誰も出てくれず、この方法は失敗しました。

2台目のケータイを持っていたり、近くに知り合いがいる方は、まず試してみてください。

電車を降りた駅の窓口に相談

電車を降りたあと、すぐに紛失したことに気づいたので、降りた駅の窓口に相談しました。

駅員さんは、私の会話から電車を特定し、途中の駅で車内を点検してくれることになったのですが、、結局電車が混在していて無理だったようです。

駅の窓口では、電車をおおよそ特定できたり、忘れ物が届く場所や連絡先を教えてくれるので、近くに駅がある方は行ってみてください。

「iPhoneを探す」アプリを使う

iPhoneの場所を特定できる「iPhoneを探す」アプリが、紛失したiPhoneに入っていたことを思い出し、2台目のiPhoneで探してみました。

iPhoneを探す

iPhoneを探す
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

残念ながら、電源は入っているものの、iCloudの設定ができていなかったようで、まったく反応しませんでした。

紛失したiPhoneの電源がまだ入っていて、「iPhoneを探す」アプリが入っており、iCloudの設定までできている方は、これで場所の特定ができると思います。

PCからも探せるようです。

【参考】盗難・紛失時に iPhone を探す(パソコンでの操作方法)

終着地点の駅に電話

乗っていた電車の終着地点の駅で回収されるかも…と思い、終着地点の駅に電話しました。

しかし、「それらしきものは届いていません…」ということでした。

終着地点の駅に届いていないということは、途中で拾われた可能性が高くなります。

捜査範囲を絞るためにも、終着地点の駅に確認するのはありだと思いました。

鉄道会社の忘れ物を管理している場所に電話

乗っていた電車の忘れ物を管理している場合があると聞いたので、そこに電話しました。

東京メトロの場合、当日中は各駅で忘れ物を管理していて、翌日以降にこの場所に持って来られるということで、やはり見つかりませんでした。

各鉄道会社でこういう場所は用意されているので、紛失した翌日以降であれば、見つかる可能性はグッと上がると思います。

注意点として、東京メトロのように色々な鉄道会社が乗り入れている場合、鉄道会社毎に忘れ物を管理しているため、別々に連絡をしなければなりません。

また、電車の忘れ物は毎日たくさんあるため、似たような忘れ物が見つかったとしても、忙しい鉄道会社からは電話が来ないようです。

警察に相談

鉄道会社に連絡しても成果がないので、近くの警察署に相談に行きました。

遺失物届けを書いて、すでに届いてないか確認してもらいましたが、残念ながら見つかりませんでした。

警察も鉄道会社と同じく、都道府県が異なると、別で遺失物届けを出す必要があるので、となりの県にも確認しましたがダメでした。

警察が一番広範囲を調べられるので、警察には早めに相談に行きましょう。

iPhoneのキャリアショップに行く

警察がダメだったので、iPhoneを買ったソフトバンクショップに行きました。

ソフトバンクショップで言われたのは、基本パック?みたいな有料プランに入っていれば、場所の特定ができるということでした。

もちろん入っていませんでした\(^o^)/

ソフトバンクだけでなく、他のキャリアも同じようなサービスに入っていれば、iPhoneを探すことができるようなので、心当たりがある方は聞いてみてください。

また、しばらくiPhoneが見つからない場合、キャリアに連絡して回線を止めてもらいましょう。

乗っていた電車が停車するすべての駅に電話

どうしてもiPhoneを見つけたかったので、降りた駅から終着地点の駅まで、ひとつひとつ電話をかけました。

交番にもなく、終着地の駅にも届いていないのならば、どこかの駅に届いているのでは?と思ったからです。

そして、私が降りた4つ先の駅に届いていました!

電車の中で紛失したiPhoneを当日中に見つけたい場合、どこかの駅で保管されている可能性が高いので、地道に電話をかけてみてください。

iPhoneを紛失したあとに学んだ教訓

さて、紛失したiPhoneは見つかりましたが、二度と困らないために、学んだ教訓を紹介したいと思います。

「iPhoneを探す」アプリの設定はやっておく

紛失したiPhoneをすぐに探せるように、「iPhoneを探す」アプリのダウンロード、以下のページを参考に、iCloudの設定はしておきましょう。

【参考】すべてのデバイスで「iPhone を探す」を設定する

キャリアの回線を止めるタイミングは慎重に

キャリアの回線は電話一本で止めることができますが、そのとき紛失したiPhoneの電源も一緒に切れてしまいます。

紛失したiPhoneに電話をかけたり、位置情報サービスが使えなくなったりするので、回線を止めるタイミングは慎重になったほうが良いです。

LINEの引き継ぎ設定をしておく

LINEがないと連絡に困りますよね。

LINEで引き継ぎの設定をしておくと、別のデバイスでLINEにログインし、使えるようになります。

あらかじめLINEにメールアドレス・パスワード、または、Facebookアカウントが登録されていれば、LINEを別のデバイスに引き継ぐことができるので、それらは設定しておきましょう。

【参考】LINEの引き継ぎで紛失時にはどうすれば良いのか

データのバックアップをとっておく

iPhoneが見つからなかったときに備えて、「iCloud」にデータのバックアップはとっておきましょう。

iPhoneのデバイスが戻らなくても、中身の写真やアプリは戻ってきます。

拾った人向けに、連絡先を書いておく

ちょっとオーバーですが、 iPhoneのホーム画面やケースなどに、拾ったときの連絡先を書いておくのも良いと思います。

手帳型のケースによっては、名刺サイズの連絡先を入れておくこともできます。

iPhoneをポケットから落ちないようにする

究極、iPhoneをポケットに入れず、カバンに入れておけば落ちることはありません。

ポケットに入れるときは、コードがついたイヤホンをiPhoneにつなげて、落ちたらすぐに気づくようにする防ぎ方もあると思います。

以上、電車で紛失した iPhoneの探し方でした。

日本は親切な人が多い国です。

多くの紛失物は戻ってくるようなので、諦めずに探してみてくださいね!

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

 - 体験談