みらしん

読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

英会話GABAのセミナーに参加したので内容や感想を書くよ

更新日:


GABAセミナーの感想ブログ_導入画像

英会話GABAのセミナーに興味がある方に、読んでほしいブログです。

GABAでは通常のマンツーマンレッスンの他に、テーマ毎にグループで実施するセミナーレッスンがあります。

私はこのセミナーに4回参加して、通常のレッスンでは学べないような体験をしてきました。

そこで今回は、GABAのセミナーの内容や感想について、ざっくりと紹介していきます。

【過去のブログ】英会話のGABAに通ったので、内容・料金・効果などについて書くよ

スポンサーリンク

PC300×250




GABAのセミナーとは?

GABAのセミナーとは、GABAが定期的に開催しているテーマ毎のグループレッスンです。

1回のレッスンで約6名が参加できます。

セミナーのテーマは、メールの書き方、接客、面接対策、TOEIC対策など、約20種類も存在しています。

参加方法は、通常のレッスンと同じく、myGABAからセミナーを選んで予約します。

セミナーによっては、GABAが計測する語学レベルに達していないという理由で、参加できないものもあります。

セミナーの時間は2時間で、GABAポイントが2減ります。
(通常のマンツーマンレッスンは1ポイント)

セミナーが開催されるスクールは、新宿、池袋、横浜、栄、京都、梅田など、大きいスクールに限られています。

私が参加したセミナーの説明

私が参加したセミナーは、
・Business Email[A]
・Business Email[B]
・Meetings
・Presentation Basics
の4種類です。

それぞれ簡単に概要を説明していきます。

Business Email[A][B]

Business Email[A][B]は、2回に分けて英語のビジネスメールの型やフレーズを学ぶセミナーです。

セミナーの流れは、

・セミナー前に、メールを英語で書く事前課題をやる

・先生と参加者が自己紹介をする

・テキストを見ながらメールの構造やタイプ別のフレーズ、カジュアルとフォーマルの違いなどを学ぶ

・参加者が交代で先生の質問に答えたり、指示された英文を読んだり、与えられた問題を解いたりする

・隣の参加者とセミナー中に作文したメールを1〜2回見せ合う

・事前課題を先生に見てもらい、フィードバックをもらう

といった感じでした。

ビジネスメールはパターンが決まっているので、このセミナーではパターン毎にワークがあり、そこのフレーズを集中的に学習できる内容でした。

このセミナーに参加して良かったことは、ビジネスメールの書き方を体系的に理解することができたので、仕事でも英語を使ったメールが書けそうだなと思えたことです。

しかも、このセミナーに参加すると、メールで使えるフレーズ集のテキストがもらえるで、いつでもフレーズの確認ができるようになります。

GABAでも人気のセミナーらしく、参加して本当に良かったと思いました。

Meetings

Meetingsは、ビジネスのミーティングで聞き返すこと、意見を伝えることを学ぶセミナーです。

GABAの通常のレッスンでも同じようなテーマはありますが、実際のミーティングと同じく、参加者同士でミーティングの擬似体験ができます。

セミナーの流れは、

・セミナーの前に、与えられた状況下で自分のアイデアを用意する事前課題をやる

・先生と参加者が自己紹介をする

・聞き返しのフレーズ、肯定否定のフレーズを学ぶ

・参加者が交代で先生の質問に答えたり、指示された英文を読んだり、与えられた問題を解いたりする

・何度も与えられた課題に対して参加者2〜3人でディスカッションをする

・事前課題をもとに、参加者全員でディスカッションをおこない 、全体の意見をまとめる

といった感じでした。

Meetingsのセミナーなので、参加者同士でディスカッションをしながら、聞き返しや肯定否定のフレーズを学習できる内容でした。

このセミナーに参加して良かったことは、通常のレッスンで覚えたフレーズを学び直すことができ、さらに大勢の前で自分の意見を話す経験ができたことです。

最初は過去の学習と被るな…と思っていたのですが、グループでやると全然うまく話せなくて、すごく刺激になりました。

Presentation Basics

Presentation Basicsは、基本的なプレゼンテーションの型やフレーズを学ぶセミナーです。

セミナーの流れは、

・先生と参加者が自己紹介をする

・プレゼンテーションの導入・つなぎ・締めのフレーズ、グラフを説明するフレーズ、プレゼンで抑えるべきポイントについて学ぶ

・参加者が交代で先生の質問に答えたり、指示された英文を読んだり、与えられた問題を解いたりする

・参加者2〜3人で課題のワークをしたり、プレゼンテーションの導入と締めの部分をプレゼンし合ったりする

といった感じでした。

プレゼンテーションで必ず話す部分、抑えるべき部分について、参加者とのワークを通じて学習できる内容でした。

このセミナーに参加して良かったことは、プレゼンテーションの型とフレーズを学ぶことができ、また、フレーズのまとまったテキストをもらえたことです。

グラフの説明については、通常のレッスンでも学習していましたが、思い出す良い機会になりました。

GABAのセミナーの感想まとめ

最後にGABAのセミナーの感想をまとめておきます。

セミナーではマンツーマンレッスンと被る内容もありましたが、メールやプレゼンテーションのフレーズなど新しい学びも多く、本当に参加して良かったと思っています。

また他の参加者の英語を聞いて、新しい気づきもありました。

例えば、小さい声、頻繁に「アー」「ソー」と言う、早口といった人の話を聞いて、すごく聞き取りづらいなと思いました。

自分も同じように聞こえているんだろうか…と思うと、大きな声でゆっくり話そうと思いました。

こんな感じで、GABAのセミナーは、通常のレッスンでは学べないテーマを学びたい方、他人から学びを得たい方にオススメです!

以上、GABAのセミナーの内容や感想のざっくりとした紹介でした。

GABAでポイントが余っている方は、「Business Email」だけでも参加をオススメします!

GABA自体を検討中の方は、無料体験に参加して、その後やるやらないの判断すれば良いと思います!

GABAの無料体験レッスン

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

PC300×250




PC300×250




-TOEIC・英語

Copyright© みらしん , 2019 All Rights Reserved.