みらしん

読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

英会話で役立つ!数字の変化に関する英語表現

更新日:

英会話の初心者で、英会話を上達したい方に、読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

英会話をやっていると、数字の変化を話したいときがあります。

例えば、気温の変化、売上の変化、感染者数の変化などなど。

昔の私は「アップ?ダウン?」くらいしか言えなかったと思いますが、こういうときに使える英語表現を英会話のGABAで学びました。

そこで今回は、数字の変化に関する英語表現を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

PC300×250




「増える」「減る」「変わらない」の英語表現

まず、数字が「増える」「減る」「変わらない」の英語表現です。

英語表現はいくつかありますが、以下の英語表現だけ覚えておけば伝わります。

・増える = increase
例:Sales increased.(売上は増えた)

・減る = decrease
例:Sales decreased.(売上は減った)

・変わらない = remain steady
例:Sales remained steady.(売上は変わらなかった)

過去の結果を伝えたい場合は、例文のように過去形で伝えてください。

これで、数字の変化を伝えられるようになりました。

「劇的に」「わずかに」の英語表現

次に、「劇的に」「わずかに」の英語表現です。

変化の状態を伝える英語表現はたくさんありますが、この2つでだいたいカバーできると思います。

・劇的に= dramatically
例:Sales increased dramatically.(売上は劇的に増えた)

・わずかに = slightly
例:Sales increased slightly.(売上はわずかに増えた)

これで、数字がどのように変わったのか伝えられるようになりました。

理由を添える英語表現

次に、理由を添える英語表現です。

理由を名詞でサクッと伝える表現、主語と動詞でじっくり伝える表現の2つを覚えておきましょう。

・due to ~※toの後が名詞
例: Sales increased dramatically due to commercials.(コマーシャルが理由で、売上は劇的に増えた)

・Because ~※becauseの後が主語+動詞
例:Sales increased dramatically because we succeeded in our commercials.(コマーシャルが成功したので、売上は劇的に増えた)

これで、数字が変化した理由まで伝えられるようになりました。

具体的な変化の期間、数字を伝える英語表現

最後に、具体的な変化の期間や数字を伝える英語表現です。

1つの英語表現だけで大丈夫です。

・from ~ to ~
例:Sales increased dramatically from 2019 to 2020 due to commercials.(コマーシャルが理由で、2019年から2020年の売上は劇的に増えた)

例:Sales increased dramatically from $100,000 to $3,000,000 due to commercials.(コマーシャルが理由で、売上は10万ドルから300万ドルへ劇的に増えた)

これで、変化の具体的な期間や数字まで伝えられるようになりました。

以上、数字の変化に関する英語表現の紹介でした。

え、これだけ?と思うかもしれませんが、この英語表現だけでもスムーズに英会話ができるようになります。

物足りないわ!という方は、ググったり、英会話をやってみたりしながら、ボキャブラリーを増やしてみてください。

【参考】英会話のGABAに通ったので、内容・料金・効果などについて書くよ
【参考】オンライン英会話4社を料金・講師・レッスン内容で比較したよ

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

PC300×250




PC300×250




-TOEIC・英語
-

Copyright© みらしん , 2021 All Rights Reserved.