みらしん

読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

メリットだらけ!ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた感想

更新日:

ワイモバイルに乗り換えを検討している方に、読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

先日、思い切ってソフトバンクからワイモバイルに乗り換えました。

ずっと乗り換えしようか悩んでいましたが、乗り換えて大正解でした!

そこで今回は、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた理由や感想を紹介していきます。

乗り換えに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

※最新・正確な情報はホームページや店員に確認をお願いします。

スポンサーリンク

PC300×250




ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた理由

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた理由は、料金が安くできる、ソフトバンクの特典を維持できるの2点です。

料金が安くできる

ソフトバンクのときはメリハリ無制限で、データ容量を3G以下に抑えていました。

同じ3Gの利用でも、メリハリ無制限では5,585円、ワイモバイルのプランSでは2,178円と3,000円以上も安くなります。

【参考】ソフトバンク - 新料金プラン・メリハリ無制限
【参考】ワイモバイル - 料金

15G使う場合でも、メリハリ無制限では7,238円、ワイモバイルのプランMでは3,278円と4,000円も安くなります。

この安さが乗り換えの最大の理由でした。

ソフトバンクの特典を維持できる

安さを求めるなら、LINEMOや他の格安キャリアも選択肢にありました。

しかし、ワイモバイルであれば、ソフトバンクにあったおうち割、ヤフープレミアム会員の特典が維持できるため、ワイモバイルにしました。

LINEMOは3Gで990円のプランがありますが、ワイモバイルもプランSでおうち割を適用すれば990円になります。

【参考】ワイモバイル - おうち割

ヤフープレミアム会員の特典がついてくるため、ヤフーショッピングやPayPayモールの還元率アップを加味すると、ワイモバイルのほうがお得になります。

このように、ソフトバンクAir、PayPayモールを使う私にとって、ワイモバイルが最も良い選択でした。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて良かった点

ここからは、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて良かった点を紹介します。

料金が圧倒的に安くなった

ソフトバンクのときは割引を入れて3,828円の請求でしたが、ワイモバイルでは1,038円の請求になっています。

毎月4,000円近くも料金が安くなりました。

ソフトバンクの機種がそのまま使える

ソフトバンクで使っていたiPhone11は、ワイモバイルになってもそのまま使っています。

今までと変わらずに使って、ただ料金が安くなった感覚です。

通信速度も変わらない

ソフトバンクと比較して通信速度が遅くなることもありません。

念のためショップ店員にも聞きましたが、変わらないという回答でした。

ヤフープレミアム会員のまま

ソフトバンクと同じく、ワイモバイルユーザーはヤフープレミアム会員になるので、ヤフーショッピングやPayPayモールの還元率がアップします。

【参考】ワイモバイル - Yahoo!プレミアムってなに?使わないと損?

お得な買い物ができるため、とても満足しています。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて悪かった点

ここからは、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて悪かった点を紹介します。

あまりないですが…。

ヤフーショッピングやPayPayモールの還元率が下がった

ヤフーショッピングやPayPayモールで日曜日に買い物をする場合、ソフトバンクであれば+10%の還元率になります。

ソフトバンクユーザーじゃなくても、日曜日は+5%の還元率になりますが、還元率は5%下がりました。

一方、毎月の携帯料金は下がったので、少なくとも5%以上のメリットは享受できています。

また、月額550円のEnjoyパックに加入すれば、ソフトバンクと同等の還元率にすることもできます。

【参考】ワイモバイル - Enjoyパック

softbank.ne.jpが使えなくなった

ソフトバンクからワイモバイルに変わったため、softbank.ne.jpのメールアドレスが使えず、過去のメールも見れなくなりました。

ワイモバイルはyahoo.ne.jpのメールアドレスになります。

私の場合、もともとsoftbank.ne.jpのメールアドレスを使っていなかったので、特に問題はありませんでした。

一部のサービスの登録にsoftbank.ne.jpを使っていたため、その変更がめんどくさかったくらいです。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるときに気づいた点

最後に、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるときに気づいた点を紹介します。

家族割とおうち割の併用はできない

ソフトバンクのときは併用ができましたが、ワイモバイルでは家族割とおうち割の併用ができません。

【参考】ワイモバイル - [おうち割 光セット(A)]併用できない割引を教えてください。

おうち割のほうが割引額が大きいため、おうち割を選びました。

1年間無料のデータ増量オプションはつけたほうが良い

月額550円でデータが増量できるオプションは、1年間無料のキャンペーンがあれば、入ったほうがお得です。

【参考】ワイモバイル - データ増量オプション

1年後からお金がかかるので、そこだけ忘れないようにしておいてください。

SIMロックの解除はMy Softbankでやっておく

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合、SIMロックの解除はMy SoftBankかワイモバイルショップでおこないます。

My Softbankの場合は無料、ワイモバイルショップの場合は3,300円がかかります。

【参考】ワイモバイル - SIMロック解除のお手続き

My Softbankの場合、店員ではなく自分で作業することになりますが、とても簡単な作業のため、My Softbankをおすすめします。

【参考】ソフトバンク -[My SoftBank]SIMロック解除の手続き方法を教えてください(通信サービス契約中のお客さま)。

私の場合、ワイモバイルショップの店員に少し教えてもらいながら、My Softbankで作業をおこないました。

ソフトバンクは解約後、料金は日割りではなく満額請求される

ソフトバンクは締日前に解約しても、締日までの料金が請求されます。

【参考】ソフトバンク - ソフトバンクを解約した場合、料金は日割計算されますか?

一方、ワイモバイルの基本使用料は契約日から日割りで計算されます。

【参考】ワイモバイル - [新規契約/MNP]月途中に加入した場合、基本使用料は日割り計算されますか?

このため、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングは、ソフトバンクの締日ギリギリがおすすめです。

ソフトバンクの最後の契約月は割引特典がなくなる

ソフトバンクを解約した場合、最後の契約月の割引は適用されなくなります。

【参考】ソフトバンク - MNP転出・解約に関するご注意事項

家族割やおうち割も適用されません。

割引を利用していた場合、最後の月だけ料金が高くなります。

ワイモバイルの割引特典は初月から適用されない

ワイモバイルの割引特典は初月から適用されません。

2ヶ月目から適用されます。

ホームページに情報は見つからなかったのですが、契約時に店員から説明を受け、実際の請求もそうなっていました。

割引を利用する場合、初月だけ料金が高くなります。

以上、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた理由や感想でした。

乗り換えにかかる手間や時間を考えると、なかなか腰が上がらないものです。

私もそうでした。

ただ、乗り換えた後は料金が圧倒的に下がり、マジでハッピーです。

私のようにデータ容量をそこまで使わない方は、一刻も早く乗り換えをおすすめします!

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

PC300×250




PC300×250




-体験談

Copyright© みらしん , 2021 All Rights Reserved.