読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

公衆WiFiに簡単につながる!タウンWiFiアプリの使い方

   


タウンwifiの記事導入画像

公衆WiFiを簡単に使いたい方に、読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

スマホの通信容量を抑えるために、カフェやファストフード店などで、公衆WiFiを使っている方は多いと思います。
(公衆WiFi→タダでインターネットに繋がるやつ)

ただ、公衆WiFiを使おうと思ったときに、会員登録をしないと使えないことも多く、不便に感じている方もいるのではないでしょうか。

そんなとき、タウンWiFiというアプリを使うと、いちいち会員登録をせずに、簡単に公衆WiFiを使うことができるので、今回はそんな便利なアプリ、タウンWiFiの使い方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タウンWiFiとは?

タウンWiFiとは、株式会社タウンWiFiが提供しているWiFiの接続アプリです。

タウンwifi_1画像

このアプリのすごいところは、事前に情報をアプリに登録しておくことで、自動的に公衆WiFiに繋いでくれるところです。

2018年1月時点で、スターバックス、マクドナルド、地下鉄のWiFiなど、約40万のWiFiスポットで繋がるようになっています。

セキュリティとか大丈夫なの…?と思う人もいるかもしれませんが、日経産業新聞や東洋経済にも取り上げられている、ちゃんとしたアプリです。

それでは、実際にタウンWiFiの使い方をお見せしたいと思います。

タウンWiFiの使い方

まず、タウンWiFiのアプリを開いて、必要な情報を登録します。
といっても、性別と生年月日だけです。

タウンwifi_2画像

一度この情報さえ入力してしまえば、今後入力する必要はありません。

次に、スマホのWiFi設定をオンにしておけば、公衆WiFiのあるお店に行くと、勝手に公衆WiFiに繋がるようになります。

タウンwifi_3画像

例えば、マクドナルドに行った場合

マクドナルドの場合、普通だったら公衆WiFiを使うときに会員登録が必要になります。

タウンwifi_4画像

一方で、タウンWiFiをスマホに入れておけば、会員登録をする必要はなく、お店に入った段階でWiFiに接続します。

タウンwifi_5画像

こんな感じで、公衆WiFiに繋がると、お知らせが出てきます。

本当にこれだけで公衆WiFiが使えるようになります!

なぜ実現できるかと言うと、タウンWiFiがアプリに登録された情報を使って、マクドナルド側に情報を渡しているからできるようです。

公衆WiFiのスポットも簡単にわかる

タウンWiFiアプリの便利な機能として、周囲の公衆WiFiのスポットがわかる機能もあります。

タウンwifi_画像6

タウンWiFiアプリを開いて、「WiFiマップ」という場所をタップすると、この機能を使うことができます。

こんな感じで、WiFiスポットがわかるので、「公衆WiFiのあるお店に行く→自動的に接続する」というのができるようになっています!

以上、タウンWiFiアプリの使い方でした。

私自身もこのアプリを使って、通信容量を結構節約しています。

公衆WiFiの種類によっては、通信速度が遅いものもありますので、そういう場合は、一時的にWiFiをオフにした方が良い場合もあります。
その点はご注意ください。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

 - IT