読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

自宅で挑戦!らくがきせんべいの作り方

      2018/09/29


らくがきせんべいの作り方_記事導入画像

自宅でらくがきせんべいを作りたい方に、読んでほしいブログです。

どうも、みらしん(@miraisyndrome)です。

お祭の屋台などで、らくがきせんべいを食べたことはありますか?

好きな絵を描いて、食べることもできるらくがきせんべいですが、今回自宅で作ってみました。

お祭の屋台と比べて、味はイマイチになってしまいましたが、自宅で簡単にできる、らくがきせんべいの作り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

らくがきせんべいの材料

まず、らくがきせんべいの材料を紹介していきます。

・たこせん

らくがきせんべいのキャンバスになります。

・色砂糖(ザラメ)

らくがきせんべいに絵を描くために必要になります。

通販で探すと、綿菓子用の色砂糖が見つかるのですが、お祭のらくがきせんべいは綿菓子用の色砂糖よりも、細かい粒度の色砂糖になるようです。

今回は見つからなかったので、綿菓子用の色砂糖を買いました。

・かき氷シロップ

絵を描くために使います。

私が買ったのは「みぞれ」でしたが、描いた絵が見えなくなってしまったので、少し色がついたシロップが良いと思います。

・筆

こちらも絵を描くために使います。

筆が太すぎると細かい絵が描けないため、大きさには注意してください。

・タッパー

色砂糖やかき氷シロップを入れるのに使います。

・スプーン

色砂糖をふりかけるときに使います。

らくがきせんべいの作り方

ここから、らくがきせんべいを作っていきましょう。

色砂糖とスプーンをタッパーに入れて用意します。

らくがきせんべいの作り方_画像1

かき氷シロップをタッパーに入れて用意します。

らくがきせんべいの作り方_画像2

筆も入れておきましょう。

らくがきせんべいの作り方_画像3

たこせんを用意し、好きな絵を描いていきます。

らくがきせんべいの作り方_画像4

かき氷のシロップをつけすぎると、シロップが垂れてきてしまい、絵が台無しになってしまうので、軽くつけるくらいが良いと思います。

描いた絵の上に、色砂糖をふりかけていきます。

らくがきせんべいの作り方_画像5

らくがきせんべいに乗った色砂糖をサッと落とせば、らくがきせんべいの完成です。

らくがきせんべいの作り方_画像6

らくがきせんべいの作り方_画像7

ここまでの作り方は、YouTubeにもアップしています。

肝心の味はというと、少し甘すぎてしまい、お祭りの屋台のような味は出せませんでした。。

もう少しきめ細かい色砂糖を使うのと、甘さを抑えたかき氷シロップを使うことで、味も美味しいらくがきせんべいが作れるようになると思います。

失敗したくない方は、らくがきせんべいセットも売っていますので、まとめて買ってみても良いかもしれません(量が多いですが。)

らくがきせんべいの作り方は、以上になります。

味の反省点はあるものの、期待どおりに絵を描くことができたので、とても楽しかったです。

もし興味がある方は、私の反省点を生かしながら、ぜひ試してみてください。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

 - 体験談