みらしん

読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

外国人と楽しく交流ができた!Meetupの使い方・体験談

更新日:


Meetupの使い方・体験談ブログ_導入画像

日本で外国人と交流したい方に読んでほしいブログです。

日本にいて外国人と話せる機会って、英会話以外にあまりないですよね?

でも、そんなことないんです!

Meetupというサービスを使えば、日本全国の外国人が集まるイベントに簡単に参加することができます。

しかも、500〜1000円とかで!

そんなMeetupに私も参加してみたところ、とても楽しく外国人と交流ができたので、今回はMeetupの使い方や体験談について紹介していきます。

スポンサーリンク

PC300×250




Meetupとは?

初めに簡単にMeetupの説明をします。

Meetupは、同じ興味を持つ人たちが集まるイベントをつくり、告知し、参加できるコミニティサービスです。

ニューヨークで誕生し、世界中で4000万人以上の利用者がこのMeetupを使っているようです。

そして日本でも、「日本人と交流がしたい外国人」と「外国人と交流がしたい日本人」をつなぐイベントが、毎日各地で開催されています。

Meetupの使い方

それではMeetupの使い方を紹介していきます。

Meetupのイベントに申し込む

まずはMeetupにアクセスします。

Meetupはアプリもあるので、今回はアプリを使って説明していきます。

Meetup

Meetup
開発元:Meetup
無料
posted withアプリーチ

Meetupのアプリを開いたら、最初に個人情報を登録します。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像1

次に興味があるカテゴリーを選び、「次へ」をタップします。

外国人との交流を希望する方は、「外国語&カルチャー」を選択します。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像2_1

そのあと、関心のあるトピックも選択し、「次へ」をタップします。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像3

すると、自分にマッチするグループが紹介されるので、興味があるグループを選択し、「続ける」をタップします。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像4

ここまで完了すると、ホームにグループのイベントが日別に掲載されていきます。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像5

ここで、「おすすめのイベントを含める」をオンにしておくと、先ほどのグループに似ているグループのイベントも紹介してくれるので、オンにしておくことをオススメします。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像6

参加したいイベントがあればタップします。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像7

出席ボタンをタップします。
(今回のようにグループにジョインして参加する場合もあります。)

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像8

「続ける」をタップします。
(ゲストがいれば、ゲストの人数を追加してください。)

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像9

参加が決まると、「参加の予定」と表示されます。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像10

あとはイベントの開催日を待ちます。

私が申し込んだイベントは、時間ごとに英語と日本語を交互に話すランゲージエクスチェンジのイベントでした。

イベントは2時間で、500円+ワンドリンクで参加することができました。

私のように英会話に自信はないけれど、外国人と英語を話したい方は、ランゲージエクスチェンジのイベントに参加することをオススメします。

Meetupのイベントに参加する

私のイベントは、カフェの前で待ち合わせでした。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像11

待ち合わせの場所で待っていると、「Meetupですか?」と人が集まっていきます。

もちろん外国の方も集まってきますが、みんな簡単な日本語は話せるので、全然焦ることはありませんでした。

そのうち主催者の方が来て、カフェに入りました。

ワンドリンクを頼んだあと、受付を済ませます。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像12

Meetupで予約した画面を見せて、名前を伝えたあと、参加費の500円を払いました。

主催者から名札をもらい、テーブルを案内されました。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像13

ここからテーブルに人がぞくぞくと集まっていき、イベントが始まります。

写真はないですが、イメージはこんな感じです。

Meetupの使い方・体験談ブログ_画像14

私がいた最初のテーブルは、日本人4人に対し、ドバイ人が1人でした。

全体のテーブルを見渡しても、日本人と外国人の割合が3:1くらいでした。

テーブルでは、みんなが英語で自己紹介をしたあとに、ドバイ人への質問を中心に会話が広がっていきました。

途中、英語で伝えづらくなっても、ドバイ人が日本語を理解できたり、周りの人もフォローしてくれたりしたので、全然大丈夫でした。

参加者はオープンな方が多く、魅力的なバックグラウンドを持った人ばかりだったので、日本語で話していても、すごく楽しかったです。

その後、20分毎に英語と日本語が切り替わり、同じタイミングで一部の人が席替えをしたりしながら、うまく参加者と言語が混ざり合う2時間でした。

外国人は、ドバイ人の他に、オーストラリア人、インドネシア人などが参加していました。

テーブルには、会話のトピックが書かれたカードも置いてあるので、会話のネタが無くなることはありませんでした。
(「宝クジが当たったら何をする?」とかマニアックなトピックばかりでしたが…。)

イベントが終わると、参加者同士で連絡先の交換が始まりました。

私は連絡先までは良いかな…と思い、先にお別れをしました。
次はもっと社交的になろうと思います…。

Meetupの使い方と参加したイベントの様子はこんな感じでした。

Meetupの感想

最後に、Meetupに参加した感想をまとめておきます。

お金をかけずに外国人と会って話せる

500円+ワンドリンクで外国人と会って話せるのは、とても安いと思いました。

今回のイベントだけでなく、他のイベントでも500〜1000円の参加費だったので、すごく良心的だなと思いました。

近しい目的の人と交流ができる

学習や交流など同じ目的の人が集まっているので、初対面なのに気の合う人が多かったです。

勉強方法のシェアなど、近しい目的の人だからできる情報交換もあると思います。

英語が話せなくても安心

外国人も日本に住んでいて、簡単な日本語は話せるので、英語が話せなくても全然大丈夫だと思いました。

周囲の人もきっと助けてくれると思います。

話しかける気持ちが必要

日本語の会話と一緒で、自分から話さない人は、どうしても話を聞いている時間が多くなってしまうと感じました。

周囲の人が話を振ってくれると思いますが、簡単な質問でも良いので話しかけにいったほうが、より楽しくなると思います。

外国人よりも日本人のほうが多い

英語を勉強したい日本人が多いので、イベントも日本人のほうが多くなってしまうみたいです。

Meetupのサービス上で、事前にイベントの参加予定者は知ることができるので、外国人がたくさんいるイベントに参加したい方は、ここでチェックしたほうが良いと思います。

迷ってるくらいなら参加しよう

結局、参加してみないと良し悪しは判断できないと思います。

「話せるかな…」「怖そう…」と想像上の不安を感じているようであれば、その時間をイベントで使ったほうが絶対に良いと思います。

以上、外国人と交流ができるMeetupの使い方・体験談でした。

言葉は経験と結びつくと身につきやすいので、ぜひMeetupも使ってみてください!

私はMeetupにハマり、2日連続でイベントに参加してきました。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

PC300×250




PC300×250




-IT

Copyright© みらしん , 2019 All Rights Reserved.