みらしん

読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

パワポにエクセルの表を見やすくする貼り付ける方法

投稿日:

パワポにエクセルの表を見やすく貼り付けたい方に、読んでほしいブログです。

エクセルの表をパワポにそのまま貼り付けると、こんな感じになりますよね?

今回のブログを読めば、こんな感じに見やすく貼り付けることができます。

それでは、パワポにエクセルの表を見やすく貼り付ける方法を紹介します。

スポンサーリンク

PC300×250




元の書式で貼り付ける

まず、エクセルの表を元の書式で貼り付けます。

パワポにエクセルを貼り付けた後に、右下のアイコン(貼り付けのオプション)をクリックします。

オプションにある筆のついたアイコン(元の書式を保持)をクリックします。

元の書式で貼り付けることができました。

グリッド線で表の大きさを調整する

次に、グリッド線を使って、表の大きさを調整します。

グリッド線については、説明よりも見たほうがわかりやすいので、とりあえず読み進めてください。

パワポのメニューにある「表示」をクリックし、「グリッド線」にチェックをつけます。

パワポの縦と横に薄い点線が表示されました。

これがグリッド線です。

このグリッド線に合わせて表の大きさを調整していきます。

グリッド線があることで、表を中心に配置することができました。

フォントを変える

次に、見やすいフォントに変えていきます。

表全体をドラッグします。
(表のどこかをクリックして「Ctrl」+「A」を押すと同じ結果になります。こっちのほうが早いです。)

パワポのメニューにある「ホーム」をクリックし、フォントの選択アイコン(▼) をクリックします。

フォントは指定がなければ、見やすいと言われている「メイリオ」を選びます。

フォントサイズも見やすい大きさに変えておきましょう。

ここまでの仕上がりはこんな感じです。

表の幅を調整する

次に、表の枠の大きさにバラツキがあるので調整します。

調整したい箇所をドラッグします。

パワポのメニューにある「レイアウト」をクリックし、高さを調整したい場合は「高さを揃える」、幅を調整したい場合は「幅を揃える」をクリックします。

表の幅をきれいに調整できました。

表の余白を調整する

次に、表の枠と文字の間に余白がないので、余白を調整します。

表全体をドラッグします。

パワポのメニューにある「レイアウト」をクリックし、「セルの余白」をクリックします。

余白の幅が好みで選べますが、「狭い」がおすすめです。

わずかに余白ができて、見やすくなりました。

表の枠線の太さを調整する

最後に、表の枠線の色の太さを調整します。

表全体をドラッグします。

パワポのメニューにある「デザイン」をクリックし、線の太さの選択アイコン(▼) をクリックします。

線の太さが好みで選べますが、「1/2 pt」がおすすめです。

「罫線」の選択アイコン(▼) をクリックします。

「格子」をクリックします。

これで完成です。

※このサンプルでは元々「1/2 pt」に設定されていたため、画像に変化はありません。

以上、パワポにエクセルの表を見やすく貼り付ける方法でした。

この作業をやるだけで、パワポの表がグッと見やすくなると思います。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
何かあれば、ツイッターメールまで。

PC300×250




PC300×250




-パワポ

Copyright© みらしん , 2021 All Rights Reserved.