読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

会社で企画を実現するために必要な3つの要素

   


企画を実現するために必要な3つの要素_記事用アイキャッチ画像

会社で自身の企画を実現したい方に、読んでほしい記事です。

私も会社で企画を考えることがありますが、自身の企画が実現できると嬉しいですよね。

ただ、会社のなかで生まれる企画は、9割以上がボツになると思っています。

本記事では、今までの経験から、会社で企画を実現するために必要な3つの要素を考えてみました。

※ここで「企画」の定義は、「周囲のひとを動かして実現する新しい試み」とします。

スポンサーリンク

①企画を実現するための情熱

1つ目は、「企画を実現するための情熱」です。

大抵の企画は、否定されるところから始まります。

企画がうまく伝わらないかもしれないし、協力者が見つからないかもしれません。

それでも、「企画を実現するための情熱」を持ち続けていれば、さまざまな困難を乗り越えて企画を進めていくことができます。

想いに共感して協力してくれる人も増えてきます。

このような理由から、「企画を実現するための情熱」は、企画を実現するために必要な要素になります。

情熱を持てないときの対応方法

  • 情熱が持てる部分を探す

仮に、企画内容に情熱が持てない場合、「企画を実現すれば、多くの人に影響を与えられる!」「上司に評価される!」「キャリアにつながる!」など、自身の情熱が持てる部分を探すことをオススメします。

  • 思い切ってやめる

もし、どうしても情熱が持てない場合、思い切ってやめることもオススメします。

情熱が持てない企画より、情熱を持てる企画のほうが、実現できる可能性が高いからです。
そして、何より楽しいです。

②企画が実現できる環境

2つ目は、「企画が実現できる環境」です。

どんなに企画を実現するための情熱を持っていても、何も協力を得られない環境であれば、企画を実現することは難しいです。

具体的には、以下の環境条件に近づくほど、企画は実現しにくくなると思っています。

  • 協力してくれる人がいない環境
  • 邪魔する人がいる環境
  • 決裁者から遠い環境
  • 人、カネのリソースがない境環
  • 企画内容と組織の相性が悪い環境

一方、環境条件が良い場合、微妙な企画だとしても、スムーズに進んでいくのを数々見てきました。

このような理由から、「企画が実現できる環境」は、企画を実現するために必要な要素になります。

企画が実現できない環境にいるときの対応方法

  • 協力してくれる人や組織を探す

似たような情熱を持っている人、企画内容と相性が良い組織などを探し、企画内容を相談することをオススメします。

少しずつでも企画の賛同者を増やし、企画を実現しやすい環境に変えていきましょう。

  • 人事異動、転職

今いる環境が、完全に企画を実現にしにくい環境であれば、人事異動や転職を考えてみても良いと思います。

そのときは、環境だけでなく、自身が「企画を実現するための情熱」や「企画に必要な知識」(次に話します)を持っていたのか、一度は考えてみるべきだと思います。

③企画に必要な知識

3つ目は、「企画に必要な知識」です。

情熱や環境があっても、企画に必要な知識を持っていなければ、企画を実現まで導けません。

具体的には、以下のような知識が必要になってきます。

  • 企画を論理立てて考える知識
    (状況→課題→提案→影響など)
  • 企画を実施するまでの知識
    (提案→承認→調整→作業→実施など)
  • 企画内容に関係する知識
    (市場環境、実現の手段、費用対効果、工数、関係者など)

企画に慣れている人が、企画を実現しやすい理由として、こういった企画に必要な知識が、自然と身についているからだと思います。

このような理由から、「企画に必要な知識」は、企画を実現するために必要な要素になります。

知識かないときの対応方法

・意識的に知識を身につける

意識的に論理的な思考が身につく本を読んだり、企画が得意な人の企画書をマネしたりすることによって、次第に知識は身についていきます。

論理的な思考を身につけるなら、以下の本がオススメです。

  • 場数を踏む

企画を進めていくなかで、企画を実現するまでの流れだったり、社内外の温度感だったり、いろんな知識が身についていきます。

最初は知識が少ないものだと思って、どんどん場数を踏んで身についていきましょう。

  • 協力者に依頼する

必ずしも、すべての知識を持てるわけではないので、足りない知識は協力者に依頼することで、企画を進めていきましょう。

業務外や不得意な分野は、協力者に依頼したほうがスムーズに進むことが多いです。

補足

企画を実現するためには「情熱」「環境」「知識」の3つの要素が必要だと思いますが、例えば「環境」がイマイチのときは、「情熱」「知識」でカバーするなど、足りない要素は補うことができると思っています。

また、今まで良い企画でありながらも、環境が悪いせいで実現できず、情熱を失った人を数々見てきました。

もし「情熱」「知識」がありながらも、企画を実現できていない場合は、「環境」が原因のこともありますので、決して腐らないでください。

最後に、企画を実現するための要素に「経験」「信頼」を入れるかどうか迷いましたが、「経験」「信頼」はあると有利なもので、本質的ではないと考えたので、今回は入れませんでした。

本記事は、以上になります。

企画の実現に向けて頑張ってください。
お付き合い頂き、ありがとうございました!

 - 体験談