読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

ノートパソコン 液晶ディスプレイが故障したときの応急処置

      2016/04/17


ノートパソコンの液晶ディスプレイが故障してしまった方に、読んでほしい記事です。

先日、ノートパソコンを使おうとしたら、液晶ディスプレイがこんな状態になっていました。
ノートパソコン液晶ディズプレイ故障_故障画像

パソコンの電源は入り、液晶ディスプレイ以外は正常に動いているのですが、ディスプレイが故障していると何も作業ができません。

このような状況のときに、お金や時間をほとんどかけずに、故障したノートパソコンを使えるようにする応急処置を紹介します。

スポンサーリンク

応急処置

ステップ①HDMIケーブルを用意する

テレビとノートパソコンをつなぐことのできる「HDMIケーブル」を用意します。

「HDMIケーブル」は、家電量販店や通販などで1,000円〜2,000円くらいで売っています。
ノートパソコン液晶ディズプレイ故障_HDMI画像

通販のほうが安いものを見つけられるかもしれません。

※注意
HDMI対応のテレビを所有しており、かつ、ノートパソコンにHDMIケーブルを差し込めるか、事前に確認しておいてください。

Macの場合、「HDMIケーブル」に加えて、「HDMI変換アダプタ」が必要になります。
ノートパソコン液晶ディズプレイ故障_HDMI変換画像

これも、通販だと安いものが見つかります。

ステップ②ノートパソコンとテレビをHDMIケーブルでつなぐ

HDMIケーブルをノートパソコンにつなぎます。
ノートパソコン液晶ディズプレイ故障_HDMIのPC接続画像

HDMIケーブルをテレビにつなぎます。
ノートパソコン液晶ディズプレイ故障_HDMIテレビ接続画像

ステップ③テレビの入力切替をする

テレビの入力切替で「HDMI」に変更します。
ノートパソコン液晶ディズプレイ故障_HDMI入力切替画像

こうすることで、「テレビ画面」を「ノートパソコンの液晶ディズプレイ」の代わりとして利用することができます。
ノートパソコン液晶ディズプレイ故障_応急処置完了画像

これで応急処置は完了です。
テレビ画面をディスプレイにして、いつもどおりノートパソコンを使うことができます。

本記事は以上になります。

ノートパソコンの液晶ディズプレイを直すためには、根本的には修理に出すかしか方法はありません。

修理に出した場合、おそらく2〜3万円の出費、数週間の修理期間はかかりますので、個人的には今回の方法で応急処置をして、新しいノートパソコンを購入することをオススメします。
私はそうしました。

お付き合い頂き、ありがとうございました!
少しでも参考になりましたら幸いです^^

 - IT