読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

話題のUberEATSの使い方・メリット【1500円割引のプロモコード付き】

      2016/11/04


UberEATSの使い方_記事用画像

話題の「UberEATS(ウーバーイーツ)」に興味がある方に、読んでほしい記事です。

フードデリバリーサービス「UberEATS」が、2016年9月に日本でサービスを開始しました。(まだ東京だけですが。)

リリースから遅れること1ヶ月、私も「UberEATS」を試してみたので、「UberEATS」の使い方やメリットについて紹介していきたいと思います。

本記事で紹介するプロモコードを使えば、初回1500円割引になるので、ぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

UberEATSとは?

UberEATSとは、配車アプリ「Uber」を提供するウーバー・テクノロジーズが提供するフードデリバリーサービス(アプリ)です。

UberEATSの使い方_画像1

普通、フードデリバリーはピザ屋だったらピザ屋のドライバーが、そば屋だったらそば屋のドライバーがやりますが、UberEATSはお店をもたない代わりに、いろいろなお店の注文とドライバー業務をいっきに引き受けます。

利用者からすると、UberEATSのアプリから簡単にお店を選び、商品の注文ができるだけでなく、配達時間やドライバーの居場所がリアルタイムでわかるので、ものすごく便利なサービスになっています。

UberEATSの使い方

UberEATSを使うには、まずUberEATSのアプリをダウンロードして、個人情報の入力や個人認証などを済ませます。
(既にUberで登録済みの方は、そのまま使用できるようです。)

UberEATSの使い方_画像2

UberEATSの使い方_画像3

個人情報の入力などが終わったら、配達先の住所を登録します。
(後から変更することもできます。)

UberEATSの使い方_画像4

UberEATSのホーム画面に入れました。

UberEATSの使い方_画像5

ホーム画面では、お店の紹介が一覧で出ててきます。

ここからお店を選んで注文に進めますが、その前に必ず初回なのでプロモコードを入力しましょう。

プロモコードの入力は、下タブの「マイページ的なアイコン」をタップし、「プロモコードを入力」をタップしておこないます。

UberEATSの使い方_画像6

「プロモーションコードを入力する」にプロモコードを入れて「適用する」をタップします。

UberEATSの使い方_画像7

プロモコードを知らない方は、以下のコードを入れれば、1500円割引になります。
eats-68avarxsue

※このときは、期間限定の2000円割引が適用されました。

プロモコードが適用されたら、いよいよお店探しです。
私は、「サニー ダイナー 六本木店」に決めました。

UberEATSの使い方_画像8

お店を決めたら、注文する商品を選びます。
私は、「パインバーガー」に決めました。

UberEATSの使い方_画像9

サイドメニューもついでに注文して、「カートに1つ追加する」をタップしました。

UberEATSの使い方_画像10

注文が以上であれば、「カートを見る」をタップします。

UberEATSの使い方_画像11

カートで商品と価格を確認したら、「注文する」をタップします。

UberEATSの使い方_画像12

私は2000円のプロモコードを使っていたので、割引が適用されてタダになっています。

「注文する」をタップすると料理の準備がはじまります。

UberEATSの使い方_画像13

配達中になると、到着時間、ドライバーの居場所、名前がわかるようになります。

UberEATSの使い方_画像14

丸いピンが到着地、お食事マークがドライバーの位置です。

UberEATSの使い方_画像15

どんどんドライバーか近づいてきます。

UberEATSの使い方_画像16

届きました。

UberEATSの使い方_画像17

これが無料です。

UberEATSの使い方_画像18

無料なのに、とっても美味しくいただきました。

UberEATSで注文したあとは、登録しているメールアドレスに領収書が届くので、料金を確認すると安心です。
(もちろん無料でした。)

UberEATSの使い方_画像19

最後にUberEATSのアプリで、ドライバーを評価して終了です。

UberEATSの使い方_画像20

UberEATSのメリット

最後にUberEATSを使って感じたメリットをまとめておきます。

注文がめちゃめちゃラク

一度、UberEATS(もしくは、UBER)で個人情報を登録してしまえば、サクサク注文することができます。

他のデリバリーアプリだと、アプリの動きが遅かったり、確認のステップが多かったりするので、そのあたりUberEATSはとても良いです。

配達時間とドライバーの居場所がわかって便利

UberEATSのアプリ上で配達時間とドライバーの居場所がわかるので、受けとる前にずーっと待っていなくても、ピンポイントの時間で待っていれば受け取ることができます。

他のデリバリーアプリにはない、UberEATSならの強みです。

配達時間が早い(気がする)

今回、お昼の時間帯にも関わらず20分くらいで届きました。

他のサービスと比較したわけではないですが、UberEATSは各地域にいるドライバーが次々とお店に供給されていくので、ドライバーの不足が起きにくく、素早い配達が実現できているのだと思います。

プロモコードを使うと大幅に割引になる

今回、プロモコードを使って1500円くらいの商品を無料で食べることができました。

初回であれば、誰でも【eats-68avarxsue】のプロモコードを使えば、1500円まで無料で食べることができます。

しかも、UberEATSの「ご注文から¥1500割引」に表示されるプロモコードを知り合いにシェアして、知り合いがUberEATSを初めて使えば、さらに1500円分の割引チケットをもらうことができます。

UberEATSの使い方_画像21

以上、話題のUberEATSの使い方・メリットの紹介でした。

とても便利なサービスなので、対象地域・対象店舗・ドライバーが増えて、もっともっと日本に普及してほしいと思います。
皆さんも、ぜひ使ってみてください!

お付き合い頂き、ありがとうございました!

#こちらの記事も、オススメです。
【参考】アメリカで体験!Uberの使い方・メリット・注意点など

 - IT