読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

新テラスハウス 面白すぎてネットフリックスを有料契約した

      2016/01/06


新テラスハウス_ロゴ_記事挿入画像

新テラスハウスが気になる方に、読んでほしい記事です。

2か月前くらいに、動画視聴サイト「ネットフリックス」の無料トライアル版で見ていたのですが、新テラスハウスが面白すぎて、ついには有料契約をしてしまいました。

昔は「テラスハウスって、家のなかで若い子たちが恋愛するやつでしょ?」くらいに思っていたのですが、今ではテラスハウスの世界観にどっぷりハマっています。

本記事では、ネタバレしない程度に、新テラスハウスの魅力を伝えていきます。

スポンサーリンク

ストーリーの紹介

魅力をお話しする前に、簡単に新テラスハウスのストーリーを紹介します。

以前のテラスハウスと同じですが、見知らぬ男女6人がシェアハウスで暮らしてるようすをただ映像で流しているだけです。
本当かどうかわかりませんが、台本はありません。

この6人でスタートしました。
新テラスハウス_メンバー_記事挿入画像※公式サイト<http://www.terrace-house.jp/inthecity/>より引用

男女6人のシェアハウスなので、やっぱり恋愛がメインになります。

ストーリーだけ聞くと、そこらの恋愛ドラマと同じに聞こえますが、新テラスハウスの深い魅力は違うところにあります。

魅力①ロケーション

新しいテラスハウスの舞台は「東京」になり、東京周辺の遊びスポットをたくさん知ることができます。

たとえば、このようなお店が出てきます。

▪︎お台場の景色が一望できるお店:Queen’s Bath Resort
http://www.luckbag.jp/queens/

▪︎表参道のオシャレなカフェ:LATTEST
http://lattest.jp/

▪︎青山の大人なレストラン:HATAKE AOYAMA
http://www.hatake-aoyama.com/

▪︎目黒の釣りが楽しめる居酒屋:ざうお
http://www.zauo.com/

見ているだけで「今度行ってみたい!」と思えるロケーションは、新テラスハウスの魅力です。

ちなみに、気になるお店やスポットがあれば、公式サイトでロケーションをすべて確認することができます。
【参考】公式サイト

魅力②音楽

新テラスハウスでは1話につき5〜10曲程度の音楽が使われているのですが、その選曲センスが神の領域です。

たとえば、このような音楽が使われています。

▪︎New Romantics(Taylor Swift )
▪︎The 1975(The City)
▪︎Swallow Dive(降谷建志)
▪︎東京近郊路線図(泉まくら)

テイラースウィフト以外は、結構アンダーグラウンドの選曲になりますが、それが新しい音楽の出会いに繋がり、音楽好きにはたまりません。

YouTubeでまとめている方もいたので、そちらで良かったら聴いてみてください。
【参考】新「テラスハウス」の使用曲もすばらしすぎる!!(セカンドシーズン)

公式サイトでも使われている曲が紹介されています。
【参考】公式サイト

魅力③スタジオトーク

新テラスハウスでも、南海キャンディーズの山ちゃんやチュートリアルの徳井などがいるスタジオが合間で映され、ゲスいトークが繰り広げられます。

基本的には、共同生活で起きたことやメンバーへの妬みや悪口が中心で、最低かもしれませんが、ものすごく笑えます。

下手なバラエティ番組より、よっぽど面白く、これだけでも見ている価値があると思います。

魅力④ネットフリックス

新テラスハウスの最大の魅力は、ネットフリックスで配信していることです。
(おくれて地上波でも放送をはじめましたが)

ネットフリックスは、月650円はかかりますが、見たいときにいつでも・どこでも見ることができるので、自分のペースで楽しむことができます。

旧テラスハウスもネットフリックスに配信されているので、過去作に興味がある方にもオススメします。

まとめ

こんな感じで、ネットフリックスを解約する気満々だったのですが、新テラスハウスがきっかけで有料契約をしてしまいました。

まんまとネットフリックス側の作戦にハマってしまった気がしますが、映画や海外ドラマもたくさんあって、今では満足しています。
(なんだか、宣伝っぽくなりましたが・・・)

もしご興味があれば、新テラスハウス見てみてください!
お付き合い頂き、ありがとうございました!

 - 体験談