読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

映画が安く観れる!ムビチケカードの購入方法・使い方

   


ムビチケカード_記事内アイキャッチ画像

映画を安く観たい方、ムビチケカードに興味がある方に、読んでほしい記事です。

先日、映画ローグ・ワンを観るときに、初めてムビチケカードを使ってみました。

本記事では、そのときの体験をもとに、映画が安く観れるムビチケカードの購入方法や使い方について、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ムビチケカードとは?

ムビチケカードは、カード型の映画の前売り券です。

ローグ・ワンのムビチケカード
ムビチケカード画像1

映画の公開前日までに購入することで、最大400円も安く映画を観ることができます。

ローグ・ワンのムビチケカードように、ポスターアートが印刷されているので、記念に取っておくこともできます。

ムビチケカードの購入方法

ムビチケカードの購入は、指定の映画館、もしくは、インターネットで購入することができます。

指定の映画館は、ムビチケ公式ホームページで確認することができます。
ムビチケカード券|ご利用ガイド

映画館のこういう場所で売っています。

ムビチケカード画像2

インターネットでの購入は、ムビチケ公式ホームページの以下のページにアクセスし、各映画の「通信販売」のボタンをクリックすると、購入ページに行くことができます。
ムビチケカード券 販売中作品一覧

ムビチケカードの使い方

ムビチケカードの使い方は、映画館で直接チケットを購入する場合とインターネットてチケットを購入する場合で、若干異なります。

※映画館によって、どちらかしか使えない場合もあります。

映画館でチケットを購入する場合

まず、ムビチケカードを裏にして、2次元コードを覆っているラベルを完全に削ります。

ムビチケカード画像3

ムビチケカード画像4

ムビチケカード画像5

※2次利用はできないですが、念のためモザイクをかけています。

映画館に着いたら、自動発券機でチケットの購入を進めていくと、「ムビチケ」のボタンが出てきます。

ムビチケカード画像6

自動発券機の案内に沿って、先ほど削ったムビチケカードの2次元コードを発券機のリーダーに読み込ませると、ムビチケカードでチケットが購入できます。

ムビチケカード画像7

ムビチケカード画像8

※自動発券機を使わない場合、窓口でも対応はしてくれるようです。
※2次元コードを使わない場合、ムビチケカードに記載してある購入番号の入力でも、チケットは買えそうでした。

インターネットでチケットを購入する場合

映画館でチケットを購入する場合と同じく、ムビチケカードの2次元コードを覆っているラベルを削ります。

ムビチケカード画像5

観に行く映画館のホームページで、チケットを予約していくなかで、「ムビチケ」のボタンが出てきます。

ムビチケカード画像9

「ムビチケ」のボタンをクリックすると、「購入番号」と「暗証番号」を入力するフォームが出てきます。

ムビチケカード画像10

ムビチケカードに記載している「購入番号」と「暗証番号」をそれぞれ入力すると、ムビチケカードでチケットの購入ができます。

ムビチケカードの注意点

最後に、ムビチケカードの注意点をまとめてみました。

ムビチケカードが使えない映画館もある

大きな映画館であれば、たいていムビチケカードは使えますが、小さい映画館だと、ムビチケカードが使えない映画館もあるようです。

事前にムビチケカードが使える映画館かどうか、ムビチケの公式ホームページで確認しておきましょう。
対応劇場|ムビチケ

先ほど触れた、映画館やインターネットでチケットを購入する場合に、ムビチケカードが使えるかどうかについても公式ホームページで確認できます。

2Dのムビチケカードを購入した場合、2D以外は追加料金がかかる

当たり前ですが、2Dのムビチケカードで、3Dや4Dの映画を観る場合、追加料金が発生します。

私もローグ・ワンでは、3Dを観るために、追加料金900円(メガネ100円含む)を払いました。

映画の公開前日までしか買えない

ムビチケカードは、映画の前売り券なので、購入できるのは映画の公開前日までです。
(ヤフオク!やメリカリでは買えそうですが・・)

また、在庫がなくなった時点で、販売が終了になる可能性があります。

ムビチケカードの購入方法・使い方の紹介は以上になります。

自分で買うのも良いですが、誰かにプレゼントしても喜ばれそうですね。

お付き合い頂き、ありがとうございました!

 - 体験談