読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

MacBook Air 使ってわかるメリット・デメリット

      2016/08/16


MacBook Air_記事用アイキャッチ画像

「MacBook Air」に興味がある方に、読んでほしい記事です。

約1年前、自宅で使っていたWindowsのノートPCが壊れてしまったので、思い切って「MacBook Air」を買ってみました。

買うときは「Mac?なんかカッコよさそう・・」くらいの気持ちだったのですが、1年間使い続けみて、「MacBook Air」のメリット・デメリットがわかってきたので、本記事で紹介できればと思います。

メリット・デメリットは、以前使っていたWindowsのノートPC(Dynabook)が基準になっています。

スポンサーリンク

「MacBook Air」のメリット

早速ですか、「MacBook Air」のメリットを紹介していきます。

①持ち運びが楽

「MacBook Air」は、約2cmの薄さ、約1kgの軽さになりますので、他のパソコンよりも圧倒的に持ち運びは楽です。

「MacBook Air」にしてから、カバンに入れて持ち歩くことができ、カフェや電車など、あらゆる場所で作業ができるようになりました。

②パソコンの起動、動作が速い

Windowsは、パソコンを起動して30秒くらい経ってから、作業ができるイメージですが、「MacBook Air」は、速攻立ち上がって、作業に入ることができます。

また、Windowsだと途中で動きが遅くなったり、フリーズしたりすることもありましたが、「MacBook Air」に変えてから、そのような経験をしたことがありません。

③ファイルの保存がいらない

Windowsだとファイルを保存する作業が発生しましたが、Macだとファイルを勝手に保存してくれるので、いちいち保存する必要がなく便利です。

④簡単にiPhoneからMacにファイルを共有できる「AirDrop」が使える

iPhoneユーザーは目から鱗です。

例えば、iPhoneで撮った写真をMacで見たいとき、わざわざコードを接続したり、ファイルをサーバーにアップしたりしなくても、Macに入っている「AirDrop」を使えば、簡単にiPhoneからMacにファイルの共有ができます。

⑤便利な動画編集ソフト「iMovie」が使える

初心者でも簡単に動画を作成・編集できる「iMovie」が使えます。

動画を作成する予定がある方には、オススメです。
私も結婚式のときに、助けられました。

⑥インナーカメラ、マイクが搭載

「MacBook Air」は、インナーカメラやマイクが搭載されています。

Skypeなどをやる方は、カメラやマイクを買ったり、パソコンに付けたりする手間が無くなります。

⑦何となくカッコイイ

「おれ、パソコンMacなんだ」と言えるようになります。
何となく、カッコイイですね。

持ち運びを楽にしたい、ストレスなく作業がしたいなら、「MacBook Air」はすごくオススメです。

「MacBook Air」のデメリット

メリットはたくさんありましたが、逆にデメリットについても紹介していきます。

①エクセルやパワポがインストールされていない

エクセルやパワポは、Windowsでは購入時にインストールされていて、すぐに使えるパソコンが多いですが、Macではソフトを購入して、インストールする必要があります。

②対応ソフトがWindowsより少ない

市販で何かソフトを購入する場合、Windows専用・Mac非対応のソフトが数多く存在しています。

結婚式の動画編集ソフトを探していたとき、ほとんどのソフトが、Windows専用のソフトで驚きました・・。

③Windows仕様のファイルが開けなかったり、バグったりすることがある

Windowsの仕様で保存されたファイルを、Macで開こうとする場合、ファイルが開けなかったり、文字化けしていることが、結構あります。

④CD・DVDドライブが内蔵してない

パソコンによってはWindowsも同様ですが、「MacBook Air」はCD・DVDドライブが内蔵されていません。

CDを聴いたり、DVDを観たりする場合、外付けでCD・DVDドライブを購入する必要があります。

⑤値段が比較的高い

「MacBook Air」は最低でも10万円くらいはするので、同じ容量や同じ処理速度のパソコンをWindowsで購入する場合、Windowsのほうが安く買えます。

ノートPCの中で、「MacBook Air」は比較的高いです。

⑥Macの操作に慣れる必要がある

WindowsとMacでは、キーボードや操作方法などが異なるため、Windowsをずっと使っていた方だと、最初はすごく使いづらいと思います。

⑦パソコンの表面に傷が付きやすい

「MacBook Air」の表面素材の問題だと思いますが、どこかにぶつけたりすると、小さな傷が付きやすい気がします。

カバーを買えば、解消される問題ですが。

エクセルやパワポを使いたい、安くパソコンを購入したいなら「MacBook Air」よりWindowsのほうが良いかもしれません。

「MacBook Air」についてもっと知りたいなら

もし、「MacBook Air」についてもっと知りたいのであれば、家電量販店に行き、感じの良さそうな店員さんに聞いてみると、親身に教えてくれます。

1人の店員さんだけだと、偏った意見の可能性もあるので、心配であれば別の店員さんにも、聞いてみることをオススメします。

私も予算とスペックを比較して、どの「MacBook Air」を買うべきか、家電量販店の店員さんに聞いて回りました。

本記事は、以上になります。

メリット・デメリットは色々とありますが、私は「MacBook Air」を買って、すごく満足して使っています。
皆さんにも強くオススメします!

お付き合い頂き、ありがとうございました!

♯容量は、意外とすぐに埋まってしまうので、256GB以上の「MacBook Air」をオススメします。

 - IT