読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

これは便利!LINE NotifyでLINEをRSSリーダーにする方法

      2016/11/27


LINE Notify_記事用画像

LINE Notify」に興味がある方、LINEをRSSリーダーにしてみたい方に、読んでほしい記事です。

ブログの更新を知るために、「feedly」などのRSSリーダーを使っている方が多いと思いますが、今回紹介する「LINE Notify」を使うと、LINEでブログの更新を知ることができます。

そして、これがすごく便利だったので、本記事では、「LINE Notify」でLINEをRSSリーダーにする方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

LINE Notifyとは?

LINE Notifyとは、さまざまなウェブサービスの通知情報を感知して、LINEに通知を送ることができるサービスです。

例えば、「お気に入りのツイッターが呟いたら、LINEに通知がくる」「毎朝6時になったら、天気予報がLINEに送られてくる」など、LINEの通知内容を自由につくることができます。

そして、LINE NotifyではRSSとも連携ができるため、ブログの更新情報をLINEに通知することもできるようになっています。

LINE Notifyを使えるようにする方法

まずLINE Notifyを使えるようにする方法から紹介していきます。
といっても、LINE Notifyをお友達登録するだけです。

LINEの公式アカウントから「LINE Notify」を探して追加します。

LINE Notify_画像1

LINE Notify_画像2

LINE Notify_画像3

LINE Notify_画像4

「LINE Notify」からメッセージが届いたら、LINE Notifyが使えるようになっています。

LINE NotifyにIFTTTを連携する方法

次に、LINE NotifyにIFTTTというサービスを連携させて、「〇〇をしたら、LINEに通知がくる」という設定ができるようにします。

IFTTTのURLを開きます。

LINE Notify_画像5

「LINE」と出てきますので、「Connect」をタップします。

linenotify_画像33

ここから、IFTTTの新規登録をおこないます。
(既にIFTTTに登録済みの方は、アカウント情報を入れて終了だと思います。)

右上の「Sign up」をタップします。

linenotify_画像34

新しいアドレスとパスワードを入れて、「Sign up」をタップします。

linenotify_画像35

「Sign up」が完了すれば、「LINE Notify」と連携している状態になっています。

linenotify_画像36

これで、LINE をRSSリーダーにする準備ができました。

LINE NotifyでLINEをRSSリーダーにする方法

LINEをRSSリーダーにするには、まずRSSリーダーにするグループを作成します。
(「LINE Notify」のアカウントをそのままRSSリーダーにすることもできますが、今回は別にします。)

LINE Notify_画像16

LINE Notify_画像17

RSSリーダーのグループを作成したら、グループに「LINE Notify」を招待します。

LINE Notify_画像18

LINE Notify_画像19

LINE Notify_画像20

この「LINE Notify」が情報を届けてくれることになります。

「LINE Notify」を招待したら、「LINE Notify」の通知にあったIFTTTのURLを再び開き、右上のメニューにある「New Applet」をタップします。

linenotify_画像37

ここで、「もしブログが更新したら、LINEに通知を飛ばす」というレシピを作っていきます。

最初に「もし〜したら」の「this」をタップします。

linenotify_画像38

フォームに「feed」と入力すると、「RSS」のアイコンが出てくるのでタップします。

linenotify_画像39

「Connect」をタップします。

linenotify_画像40

「New feed item」をタップします。

linenotify_画像41

フォームに「Feed URL」に通知を飛ばしたいブログのFeed URLを入力し、「Create trigger」をタップします。

linenotify_画像43

Feed URLは、以下のツールにブログのURLを入れると出てきます。

RSSフィード取得・検出ツール

例えば、私のブログであれば「http://mirasin.com/feed/」になります。

次に、「〜をする」の「that」をタップします。

linenotify_画像44

フォームに「LINE」を入力すると、「LINE」のアイコンが出てくるのでタップします。

linenotify_画像45

「Connect」をタップします。

linenotify_画像46

「Send message」をタップします。

linenotify_画像47次に、LINEの通知内容をつくります。

linenotify_画像48

「Recipient」には、RSSリーダーにしたいグループを選択します。

「Message」は、以下の内容を参考に入力してみてください。

「Photo URL」は特にいじらないで大丈夫です。

ここまで問題なければ、「Create action」をタップします。

次の画面で「Finish」をタップします。

linenotify_画像49「Applet on!」が出できたら、LINEのRSSリーダーの出来上がりです。

linenotify_画像50

登録したブログが更新すると、登録したグループに「LINE Notify」から通知が入り、ブログの更新を知ることができます。

LINE Notify_画像32

LINEをRSSリーダーにするメリット

最後に、LINEをRSSリーダーにしてみて感じたメリットを3つ紹介していきます。

LINEなので、自然に通知内容を見ることができる

今まで、一般的なRSSリーダー「feedly」やプッシュ通知を利用した「myThings」「Push7」を使って、ブログの更新を知ってきました。

ただ「feedly」だとわざわざアプリを立ち上げる必要があったり、プッシュ通知だと情報が埋もれてしまったり、それぞれ課題がありました。。

そんななか、LINEのRSSリーダーであれば、毎日使うLINEに通知が入ってくるので、自然に通知内容を見ることができるようになりました。

LINEのUI/UXなので、通知内容が見やすい

例えば「feedly」だと、一度みた記事が消えてしまったり、RSSリーダーのUI/UXでストレスを感じることがありました。
(もしかしたら、設定で解消するかもしれませんが。)

LINE Notifyを使えば、毎日使っているLINEに通知が飛んでくるので、UI/UXにストレスを感じることもなく、通知内容を見ることができます。

グループで通知内容を共有できる

あまり機会はないかもしれませんが、LINEのグループ機能を利用して、複数人と通知内容を共有することができます。

ブログ仲間でグループをつくり、そこにブログの更新情報を通知できるようにすれば、今まで以上にブログを読んでもらえる機会がつくれるかもしれません。

以上、LINE NotifyでLINEをRSSリーダーにする方法でした。
ブログの更新をLINEで知りたい方は、ぜひ試してみてください。

お付き合い頂き、ありがとうございました!

#こちらの記事もオススメです。
【参考】便利すぎ!「myThings」で好きな情報を自動で通知
【参考】超簡単!「Push7」でブログの更新をプッシュで通知

 - IT