読者の未来に、少しでも役立つネタを配信するブログ。

初心者でも簡単!エクセルの作業を自動化するマクロの作り方

      2016/04/17


エクセルのマクロの作り方記事_記事挿入キャッチ画像

エクセルの単純作業を自動化したい方、エクセルのマクロに興味がある方に、読んでほしい記事です。

仕事でエクセルを使う方は多いと思いますが、データの入力などで毎回同じ作業があり、「作業を自動化させたい!」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そのような「作業を自動化させたい!」というニーズに、エクセルの「マクロ」という機能は答えることができるので、本記事では初心者でもできる「マクロの作り方」を紹介していければと思います。

※「Microsoft Office」のバージョンが違う場合、エクセルの画面が多少異なります。

スポンサーリンク

マクロを使わない場合の作業

今回は事例として、下記のエクセルを使います。
エクセルのマクロの作り方記事_エクセル事例画像

エクセルには、「会社名」「商品」「売上」の項目があり、既にそれぞれのデータが入力されていますが、追加で下記の作業を実行する必要があるとします。

①会社名の「株式会社」「有限会社」を削除
②商品の「books」を「本」に、「foods」を「食品」に置換
③売上の高い会社から降順に並び替え

この①②③の作業が毎回発生する場合、エクセルのマクロを使わなければ、毎回以下の作業をおこなわなければなりません。

会社名のセルを全範囲で選択、「株式会社」を空白に置換
エクセルのマクロの作り方記事_置換画像1
エクセルのマクロの作り方記事_置換画像2

同様に、「有限会社」を空白に置換
エクセルのマクロの作り方記事_置換画像3

商品のセルを全範囲で選択、「books」を「本」に置換
エクセルのマクロの作り方記事_置換画像4

同様に、「foods」を「食品」に置換
エクセルのマクロの作り方記事_置換画像5

売上のセルを選択、降順に並び替え
エクセルのマクロの作り方記事_降順画像

単純な作業ですが、これが10回、20回、30回・・・と続くと、結構ツライですし、時間もそれなりにかかってきます。

一方、エクセルのマクロを使うことができれば、①②③の作業を記録させて、一瞬で作業を完成させることができます。

マクロの作り方

それでは、マクロの作り方を紹介していきます。

マクロの開発タブを付ける

今までマクロを作成したことがなく、はじめてマクロを作る場合におこなう作業になります。

エクセルの「ファイル」タブをクリック、ファイル内の「オプション」をクリックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロ実行画像1

オプション内の「リボンのユーザー設定」をクリック、メインタブ内の「開発」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロ実行画像2

エクセルに「開発」タブが付いていれば、マクロを作る準備ができました。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロ実行画像3

作業を記録させる

ここからマクロの実装作業になります。
といっても、ビデオ撮影のように、①②③の作業を実行しているところを記録するだけです。

開発タブ内、「マクロの記録」をクリックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像3.5

ポップアップが表示されるので、「マクロ名」などを決めて「OK」をクリックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像4

ここから作業が記録されるので、①②③の作業を実行し、作業が完成したら「記録終了」をクリックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像5

これで①②③の作業を実行するマクロができあがりました。

もし、うまく記録できなかった方は、開発タブ内「マクロ」をクリックし、該当のマクロ名を削除すれば、消すこともできます。
(後ほど、「おまけ」の章で説明します。)

マクロを実行する

マクロが完成したら、マクロを実行してみましょう。
(マクロを試すために、エクセルを①②③の作業前の状態に戻しておいてください。)

マクロを実行するボタンを作るために、開発タブ内の「挿入」をクリック、「長方形の図形」をクリックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像6

エクセル内、ボタンを挿入したい箇所をドラックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像7

ドラック後にポップアップが表示されるので、該当のマクロ名をクリックし、「OK」をクリックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像8

これで、ボタンができあがります。名前も付けることができます。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像9

そして、ボタンを押すと・・・①②③の作業が一瞬で完了します。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像10

マクロがうまく実行したのであれば、例えデータが変わったとしても、同じ作業であれば一瞬で作業が完了します。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像11
エクセルのマクロの作り方記事_マクロの実行画像12

おまけ

最後に、おまけの情報になります。

「データ削除」のマクロがあると便利

「データ入力」のマクロとセットで、「データ削除」のマクロがあると、データを消す作業も楽になります。

前述した「マクロの記録」で、データを削除する作業を記録し、マクロを実行するボタンを作るだけで実装できます。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロのおまけ画像1

ボタンを作らずに、マクロを実行する方法

今までマクロを実行するボタンを作ってきましたが、ボタンを作らずに実行する方法もあります。

開発タブ内「マクロ」をクリックします。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロのおまけ画像2

ポップアップが表示されるので、該当のマクロ名をクリック、「実行」をクリックすればマクロが実行されます。
エクセルのマクロの作り方記事_マクロのおまけ画像3

前述しましたが、削除したいマクロがある場合、先ほどのポップアップ内で、該当のマクロ名をクリック、「削除」をクリックすれば、マクロが削除されます。

本記事は、以上になります。

今回は、初心者でも簡単にできるマクロの作り方でしたが、プログラミングのように直接コードを入力することによって、より高度な作業処理までおこなうことができます。

もっとマクロを勉強したい方は、参考書「よくわかる Microsoft Excel マクロ/VBA」が、とても詳しく、かつ、丁寧に説明されているので参考になると思います。

お付き合い頂き、ありがとうございました!

 - IT